FC2ブログ

これから花火をやろうっていう時間じゃない。 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

これから花火をやろうっていう時間じゃない。

IMG_1438.jpg


今年の夏、海に行った時の話。

夜の砂浜で、
俺と友人A、Bの三人で花火をしてたんだ。

最初は俺達しかいなかったんだけど、
少し離れた所に、ぞろぞろと人影が現れた。

俺達みたいに花火をやりに来たのかなーって思ったんだけど、
時計を見たら午前二時。

これから花火をやろうっていう時間じゃない。

しかも、明りすら持ってないし。

よく見たら、
少しずつこっちに向かってきてるみたいだった。

「おい、なんか変な奴らが来るんだけど」

って、AとBに言ったんだけど、
二人とも「はぁ?」って顔をするだけ。

その集団が見えるのは、
俺だけみたいだった。

「お前、ユーレイでも見えてんの?」

っていうAの言葉に、
俺はすごく嫌な予感がして、
二人の腕を掴んで逃げようとした。

Bは「え?え??」

って感じでそのまま引き摺られてくれたんだけど、

Aは

「なにするんだよ!」

と、Bもろとも俺を突き飛ばす。

結局、俺はAを置いて
Bと逃げることにした。
 
砂浜を去る時に一度振り返ったんだけど、
人影は七つだった。

月明りを頼りにするしかなかったので、
詳細は分からなかったけれど、
背格好はばらばら。

なぜか、みんなずぶ濡れだった。

結局、俺とBはホテルに帰って寝たんだけど、
朝になってもAは戻ってこない。

例の場所に戻ってみようと思った矢先、
海で水死体が見つかったって騒ぎになった。

「まさか」

と思って行ってみたら、
Aだった。

海で泳いでいる時に
足でも攣ったかで溺死したんじゃないかってことだったんだけど、
俺の頭からは、あの七人の姿がどうしても離れなかった。

帰りの電車では、
気まずい空気が流れていた。

俺とBはお喋りをするような気になれず、
到着まで寝ることにした。

その夢の中で、
あの七人が現れたんだ。

正確には、
『あの』七人ではない。

なぜか、一番後ろ、
つまり、七人目にAがいた。

Aはうつろな目をしながら、
濡れた指を俺に向けて言った。

「次はお前だ」

と。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2019.08.08|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます