FC2ブログ

具合が悪かったが それでも何とかして風呂に入ったら、 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

具合が悪かったが それでも何とかして風呂に入ったら、

IMG_1671.jpg


この間の体験。

きっかけが物凄く恥ずかしい話なんだけれど、
引かないで読んでもらえると嬉しい…

一人暮らし初心者でバイトもせず、
恋人もいない自分は、
初の長期休みで、
寂しくて寂しくて人恋しくなっていた。

それでとある夜、
トチ狂ってエアラブラブごっこをしていた。

丸めた布団を、
どうしても忘れられない好きな人に見立てて、

「ずっと一緒v」

とか話しかけたり抱きついたりしていた。

思い出すと、
とても恥ずかしい。

完璧にその気になって迫真の演技(?)をし終わり、
満足感と虚しさを感じながら寝た。

寝て四時間たった深夜三時頃、
悪夢で目が覚めた。

多分不安な精神面がでたようで、
噴火で逃げ惑うよくある夢だった。

悪夢で起きると中々寝付けない。

ベットの上で寝れるよう奮闘していると、
冷蔵庫や雑音に交じって
変な音が聞こえることに気が付いた。

寝息の音だった。

スーースーースーー・・・

男の人らしい強めの寝息。

最初は冷蔵庫の音だと思ったが、
今までこんな音が聞こえたことはない。

それでもきっと、
温水器か何かが暑くておかしくなったんと思って
寝ることに集中し、寝た。

朝、もうあの音はせず、
あまり考えないようにした。

天気も良く久しぶりに気分が良かったので、
都心に出かけることにした。

化粧をし、
服を着替えたところで
何故か急に体が重くなった。

全身が凝ったようになり、
吐き気と頭痛がしてきて、
立っていられず、横になった。

今までこんなことは無く、
対処のしようも無く、
その日は一日中寝ているしかなかった。

具合が悪かったが
それでも何とかして風呂に入ったら、
換気扇の音に交じり、
ハァハァという息遣いが聞こえてきた。

雑音か何かだと思いたかったが、
息使いにしか聞こえない。

恐ろしくてすぐにシャワーを済ませ、
明かりを消して布団を被った。

暫くたってまた、
あの寝息が聞こえ始めた。

音はすぐ近くから聞こえた。

でも恐ろしさと具合の悪さから、
どうすることもできず何とか寝た。

次の日の朝、
具合が悪いのは治っていた。

またなったら怖いので
痛み止めか何かを買いに行こうと思い、
準備をし着替えをし始めたら
また昨日の具合の悪さに襲われた。

結局その日も家にいることになってしまった。

午後、横向きに寝転んでいたら

「えへへえええへえ」

という感じの
男性の笑い声が頭のすぐ後ろから聞こえた。

部屋の両サイドは女性。

今の時間はどちらもバイトらしく誰もいない。

テレビもつけていない。

部屋には自分しかいない。

きっと具合の悪さからくる幻聴だと思うとしたが、
怖くて振り向けない。

固まったままでいたら、
また変な笑いと共に変な抑揚で

「一緒にいいてああげるよぉ」

と頭の後ろから囁かれた。

ハァハァという息遣いも聞こえ、
耳に風がかかった。

寝息も変な息遣いもこいつだ!と、
気持ち悪さと理不尽さに腹が立ち、
でも怖いので横を向いたまま、

「ふざけんじゃねーよ!
あれはお前になんか言ってねーよ!
出てけよおおおおおおお!」

と喚きながら、
幽霊に効く?と以前に聞いた拍手を思い切り打ち鳴らした。

恐ろしさを打ち消すように
狂ったように手を叩きながら暫く暴れ(横向きのまま)、
息遣いが聞こえなくなった。

すると、具合の悪さが急に薄らいでいき、
さっきまでの具合の悪さが嘘のようになくなって軽くなった。

思い切って後ろを向いたら当然、
何もいなかった。

それ以来、
寝息も何も聞こえず、
具合も悪くなくなった。

馬鹿みたいで嘘みたいな話だけど、
最近あった本当の体験。

本当に怖かった。

きっかけがきっかけだから友達にも言えない。

エアラブラブごっこはもうしないと心に決めた。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2019.08.11|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます