FC2ブログ

なんて事を叫びながら、 振り返っても、 やはり誰もいなかった。 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

なんて事を叫びながら、 振り返っても、 やはり誰もいなかった。

IMG_2519.jpg


俺が中学生の頃の実家での話。

実家は今でこそ鉄筋コンクリだけど、
当時は木造建築の古い家だった。

その日は夏休みだったか日曜日だったかは忘れたんだけど、
昼間の家に俺ひとりきりだった。

で、居間でスト2ターボをやってると玄関の方から

「こんにちわ~」

っておばちゃんの声がした。

当時は田舎だった事もあって
玄関に鍵なんてかけなかった。

だから近所のおばちゃん達が勝手に入って来て、
それから声を掛けるのなんて当たり前の事だった。

だから、この時も

「あ、誰か来た」

ぐらいにしか思わなかった。

スタートボタンでスト2ターボをストップさせてから

「はーい」

とか言いながら俺は玄関に向かった。

けど誰もいなかった。

あれ?とか思ってると今度は居間の方から

「こんにちわー」

って声がした。

ちょっと説明しづらいんだけど、
居間は小さな庭に面していて、
その庭もフルオープンで誰でも入り込めた。

だから短期なおばちゃんが直接、
庭の方にまわったんだと思って

「はーい、今いきまーす」

とか言って居間に戻った。

でもガラス越しに庭を見ても誰も居ない。

いい加減イラついて

「ババァ何がしてぇんだ!」

とか思いながらシカトする事にした。

で、テレビの前に座りコントローラーを握ったらまた

「こんにちわー」

って玄関で聞こえた。

そん時、あれ?と思った。

よく考えたら玄関が開く音がしてねぇ。

その玄関は木枠に磨りガラスを嵌め込んだ引き戸で、
開ければガラガラと音がするはずなんだけど、
よく考えたらソレが無い。

それに気づいたらスゴく怖くなってきて、
背筋がぞーっとすると同時に、
コントローラーがビショビショになるほど、
一気に汗が吹き出した。

俺はとにかく気配を消さなきゃ!と思って、
ポーズ画面にしたままじっと息を殺した。

そのまま何分間か、
じっとダルシムだけを見つめていた。

ダルシムの赤い刺青みたいなのを、じっと。

そしたら突然

「こんにちわー!」

って耳元で挨拶された。

「うぉわぉっ!」

なんて事を叫びながら、
振り返っても、
やはり誰もいなかった。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2019.08.13|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます