FC2ブログ

不登校になるような原因は思い当たらなかった。 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

不登校になるような原因は思い当たらなかった。

IMG_1866.jpg


俺が小学校高学年ごろの話。

夏休みが終わってから
同じクラスに登校しなくなった女子が居て、
顔を見なくなった。

新しい教科書を渡してほしいという名目で、
集団登校が一緒だった俺に白羽の矢が立った。

要はちょっと様子を見てこいということだったんだと思う。

もう夏が終わりかけていて、
その日はもう太陽が沈んでいたので
ちょっと涼しい風が吹いていた。

便宜上その女子をA子としよう。

A子は以前から割と控えめで、
それまで一緒に遊んだりしたことがなかった。

あまり目立たない感じではあったが
イジメを受けているわけでもなく、
友達をつくるぐらいの要領は持っているような
静かなタイプの女子だった。

貧乏でもないし、
特別、裕福というわけでもない。

二階建ての家に住んでいて、
ちゃんとした両親も居る。

不登校になるような原因は思い当たらなかった。

A子の家のピンポンを押す。

少ししてドアがきしんだ。

ドアの覗き窓から誰かが俺を見ているのだ。

それが異常に長かった。

少なく見積もっても
1分以上は見られていた気がする。

視線のやり場に困って右の方を見ると
A子の家の犬が夏バテでもしているのか、
ぐったりと地面に寝そべっていた。

体も顔もピクリとも動かないが、
ギラギラした目だけが俺をずっと見ていた。

犬から目を離せずに居ると、
ドアが少し開き、A子が

「ああ、○○くん。
待たせちゃってごめんなさい今お料理してたの」

と笑顔を見せた。

ドアの気配からして、
ずっと覗き窓から俺を見ていたのはA子だったはずだ。

想像していたよりA子は元気そうだった。

普段より活気を感じさせるほどの様子に少し安心して、
事情を話し教科書を渡して帰ろうとすると
A子にせっかくだから上がっていってくれと強く引き留められた。

「いま私一人しか居なくて暇してたのよ」

と彼女は言って俺の手を取った。

家の中は、
玄関入って目の前に階段がある間取りで、
二階のあたりから階段を照らす灯り以外は
全て落とされて真っ暗だった。

他人の家の臭いというのは
だいたいにして違和感を感じるものだけど、
A子の家のそれは何か異質な感じがした。

家の臭いに混じって、
ほのかに便所のような臭気があった。

二階のA子の部屋も同様に
灯りがついていない状態だった。

ただ、
ゲームの途中と思われるテレビの灯りだけが
煌々と部屋の中を照らしていた。

嫌な汗が流れるのを感じた。

A子が不登校になったのは、
精神的に何か異常をきたしつつあるからなのではないだろうか。

連れられて部屋に入るなり、
横から「よお」と声をかけられ、
飛び上がって確認するとA子の兄だという。

テレビの光でようやく顔が見えた。

A子の家は
電灯を落とした部屋に居るのが常態化しているのだろうか。

さっきA子は一人だと言ってはいなかったか。

あまり深く考えたくはなかったので、
すすめられるままにA子とマリオカートをしていると、
兄が

「喉が渇いた」

と言って
オロナミンCを三人分とお菓子を持ってきた。

口をつけると生温かった。

何やらしょっぱい。

味も違うし、嫌な臭いがする。

ふと横を見ると
何故かA子も兄もゲーム画面そっちのけで
俺の顔をじっと見ていた。

まさかと思うけどこれ小便じゃないよね、
と問いただすと兄は

「小便なわけないだろう」

と驚いたように大声で否定した。

その直後、階段のあたりだろうか。

おばさんのものらしき大きな笑い声が一秒ほどして、
不自然にピタっと止んだ。

手で抑えたみたいに。

A子はずっと俺の顔を見ていた。

テレビの光に照らされて反面しか見えなかったが、
ニヤニヤしているのは分かった。

お菓子をよく見ると、
ガムの包装紙が明らかに一度、
開かれてバレないように戻されている。

ここに至り、
俺の頭はこの家に長居したくない感情でいっぱいになり、
トイレを借りるという口実をつくって部屋から脱出した。

階段には誰も居らず、
階段の灯りも点ったままだった。

できるだけ自然な様子で
そのままこの家から出て行ってしまおうという腹づもりで
階段を下りて玄関に到着した。

真っ暗で何も分からない。

壁際のスイッチを押し込むと、
灯りが点いた。

いつの間にかドアに鍵がかかっている。

後ろが気になって振り向こうとして、
部分的に灯りに照らされた真っ暗なリビングが視界に入った。

そこにはイスに座ったおばさん(おそらくA子の母親だろう)が居て、
ニヤニヤしながらこちらを見ていた。

床には、無数のビンが並んでいたが、
中身は黄色い液体の入った何かだった。

おばさんが立ち上がる。

二階の方からも床がきしむ音がした。

生きた心地がせず、
クツを手に持って玄関から飛び出した。

犬が狂ったように俺にほえかかったが、
そんなものを気にしている場合ではない。

走り去る途中でA子の家の方を振り返った。

おばさんは追ってはこなかったが、
二階の窓から逆光になったA子と兄らしき影が並んでこっちを見ていた。

先生にはA子は案外元気だったとだけ報告し、
それ以外のことは誰にも口外しなかった。

A子はそれ以降も学校には登校しなかった。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2019.08.30|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます