FC2ブログ

ふと気がつくと夢を見ていた。 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

ふと気がつくと夢を見ていた。

IMG_2584.jpg


夏に体験した事なんだが
自分的に非常に恐怖を覚えた体験。

8月に入って間もない頃だった。

夜暑くて寝苦しくてなかなか寝付けずにいた。

でも目を閉じていれば寝ちゃうんだな。

ふと気がつくと夢を見ていた。

見たことのある風景だった。

家から車で5分程度のところに霊園がある

昔からある霊園だ。

その霊園の近くに
銀行やスーパーなどがあり
地元のお祭りが開かれるから
小さい頃からよく行っててそこの周辺の地理は覚えてた。

霊園もそばも通ったことがある

うっそうと木々が立ち並ぶ林の中にあってだな

墓には苔とかついてて古いんだ。

夢の話に戻るけど
自分はその霊園の中にいて
墓に悪戯か何かをしているんだ

墓石を触ったり墓の上にのったり

なんでそんなことをしているのかはわからない。

その時だ

どこからか声が聞こえる。

「ひょんえーい、ひょんえーい、ひょんえーい・・」

こんな声が小さく聞こえてきたんだ。

しかもお約束どおり
大きくなってくるってね。

そして後ろから大きく

「ひょんえぇぇぇぇい!!」

と聞こえた

振り向くとそれがいた。

髪がボサボサにのびた老婆の生首だ。

顔はしわくちゃで
モノクルをつけているんだ。

顔色がこれまた灰色で気味が悪い。

フッと生首が消えた

次の瞬間、鼻先に来ていた。

俺は金縛りで動けない

夢の中で金縛りって・・・。

ニタァと老婆の口がゆるみ、
そして

「ひょんえええええええええええええええええええい!!!!!!」

うわぁ!!

俺はその瞬間、目が覚めた

汗はびっしょりだった。

これだけならまだただの夢だろうで片付けられるんだが
真の恐怖はその後に起きた。

盆近くなり例の霊園のそばのお祭りが開かれる。

家も家族一緒に夜に祭りにむかった。

一通り祭りを楽しんだが
少し疲労が出てきたので
祭り会場から離れて涼しみがてら散歩することに

そして思い出すあの夢のことを・・・
ただの夢だとのんきに霊園にむかった。

霊園は静かで暗い

夜だから当たり前だが。

風がザワザワ

木々を揺らしてなんとも不気味。

夜の墓場は怖いなぁと思っていると
急に脳内であの

「ひょんえー!」

がリピートされて
おいおい洒落にならん

止まれと念じるが止まらない

怖くなって会場に戻ろうと
元来た方向へ振り向いた瞬間!

耳元で大きく

「ひょんえええええええええええええええええええええええええええええいぃぃぃ!!!!!」

脳内じゃなく
確実に耳から入ってきた!!

全身ジーーーーンっ!と
電気が走ったようになり
鳥肌ゾワワッ!

うわぁ!!と大声をあげて
猛スピードで全力疾走して会場まで行った。

心臓バックバク!

夢の恐怖が現実にまで干渉してくるとは。

いや、あれは間違いなく
夢じゃなく現実での事

しかも日数がかなり経過してるのに・・・。

悪夢の現実世界の干渉って猿夢みたいだな。

今はもう霊園の近くは通らない事にしてるけど。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2019.08.17|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます