FC2ブログ

知っている店が潰れるのは寂しいもんだよなー とか思いながらウィンドゥを横目に通り過ぎた。 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

知っている店が潰れるのは寂しいもんだよなー とか思いながらウィンドゥを横目に通り過ぎた。

IMG_2134.jpg


ひと月ほど前の夜、
空きテナントの前を通ったんだ。

そこのテナントは以前ブティックで、
3枚の大きなガラスがはまったショーウィンドゥがあった。

あまり今風でない感じのマネキンが並んでいたのは憶えている。

入った事はないけど
知っている店が潰れるのは寂しいもんだよなー
とか思いながらウィンドゥを横目に通り過ぎた。

何かおかしい…

視界が少し暗くなった気がする。

店側が何か急に暗くなったように感じたんだ。

ガラス越しに暗い店内を覗いたが、
何も置いてないフロアがあるだけだった。

街灯か車のライトが反射したのかな?

そう思ってその日は通り過ぎた。

数日前の夜、
またテナントの前を通った。

するとまた店内が暗くなった気がした。

先日の違和感の事なんか全く忘れていたが、
二度目となるとちょっと気になる。

店内を覗いたがやっぱり何もない。

気のせいかなと思いながら、
二歩ほど横にずれて店内を覗いていた。

顔がショーウィンドゥのガラスの継ぎ目を越えた時、
店の奥にマネキンがあるのに気付いた。

まだブティックの名残が残ってたのかと
変に安心した気持ちになったよ。

間違っていた。

それは血まみれの女性だった。

全力で人気の多い表通りまで走って
タクシーで友達の家に飛び込んだ。

一人暮らしだから
自宅で一人きりになる度胸なんて無かったので。

翌日友達と一緒にテナントに行った。

昼ならそこそこ人通りもあるから
あまり怖くないしね。

テナントの中にはマネキンも女性もいなかった。

すぐ近くの本屋の店員にテナントの事を聞いたところ、
運転を誤った軽自動車が
ショーウィンドゥから飛び込み、
従業員が大怪我したらしい。

それを期に
経営のかんばしくなかった店を閉めてしまったんだとか。

テナントをあらためて見てみると
ショーウィンドゥの下の壁に補修した跡があった。

3枚のガラスの内
2枚を突き破ったんだろうなと
事故の様子を推測できた。

その後神社でお祓いをしてもらい
御守りを買って帰った。

特に怖いことは起こっていない。

今になって思い返してみると、
あの女性は事故で割れなかったガラスにのみ
姿が映っていたのではないかと。

また友達の話だと
テナントはまだ新しい店舗は入っておらず、
ウィンドゥにはロールカーテンが吊されているとの事。

もしかすると
テナント主もあれを見ちゃったんじゃないかな?

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2019.08.25|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます