FC2ブログ

トンネルに到着して 全員が異常な寒さに気付いた。 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

トンネルに到着して 全員が異常な寒さに気付いた。

IMG_1754.jpg


福岡の旧犬鳴きトンネルに行ったときの話

大学のサークルの知り合い4人(I・O・M・俺)で
麻雀やって遊んでたんだけど、Iが

「そういや夏休みどこにも行ってねぇし
肝試し行こうぜwww」

って言い出した。

みんな暇してたし
調度いいんじゃね?みたいな感じで
とりあえずトライアルで懐中電灯購入。

最初はグダグタして

「どこいくよ」

「なんかいい場所ないの」

みたいな感じだったんだけど

「ここは定番の犬鳴きだろ」

ということで犬鳴きトンネルに決定。

トンネルに到着して
全員が異常な寒さに気付いた。

家出るまで半袖で調度いいぐらいの気温だったのに
トンネル着いたときは息が白くなるくらいに冷えてた。

「さみいwww」
「冷気やwww」
「霊気かよwww」

みたいな冗談言いながら
柵の横から進入

まったく明かりがなくて
懐中電灯全部消したら
何も見えなくなるくらい暗かった

進んでたら急にMが

「さっきなんか聞こえなかったです?」

と言い出した。

でもM以外その音を聞いた奴いなかったし、
俺も聞こえなかった。

Mは

「いやマジでそういうのいいから、
聞こえたやろ今」

って結構なマジ顔で言ってたけど
俺らは「嘘乙www」とか言ってた

しばらく進んでから
今度はIに異変。

なんか足取りおぼつかない感じで
フラフラしながら左側の方に行き始めた。

左側は斜面になってて下が川。

何度こっちに引き戻しても
斜面に向かって歩いていくから
Iの場所を一番右に変えてまた進んでいく。

そこからトンネル前までは何もなかった。

トンネル前で一服して帰り始めた。

トンネル前で怖かったから
二人一組になって肩組んで歩こうぜwww
って言うことになったんだ。

俺とM

OとIのペア

再びIに異変。

歩調が妙に早い、
顔を見ると物凄い笑顔だった。

ずっとぶつぶつと

「いやいやこれはねぇわ
駄目だわ
いかんこれいかん」

と言ってた。

Oが

「どうしたん?」

って聞いたらIは

「後で話す、行こ」

っつって歩みを早めた。

結局その後何があったのかわからないまま
車まで到着。

ここでIが明らかにおかしい。

車に乗ってる最中も
目をせわしなく動かしながら
小刻みに震えてる。

そのまま家に到着すると
Iは何も言わずに
うつ伏せのままソファに倒れこんだ。

いくら声かけても震えて起きないから
とりあえずそっとしてた。

「さっき写真とかムービー撮ったの見ようぜ」

とMが言い出した。

そういえばなんか撮ってたなーってことで
写真見てたら数枚が緑色になってた。

滅茶苦茶キモかった。

ムービーの方も突然モヤがかかったり
画面が真っ暗になったりで変だった。

さすがに怖くなって
Iを無理矢理起こして何があったのか聞いてみたら
Iが語り始める。

今でも覚えてるのがこの時のIの挙動、
しきりに後ろ気にしてる。

「あのさ…トンネル着いてから帰り始めたろ?
あの後からずっと俺の後ろに何かいるんだよ…
ずっと息がかかってるんだ…もうやめてくれよ…」

ということらしい。

結局その後Iは朝まで寝てたんだけど
ずっと震えてた。


この間その事聞いたら

「なんか俺の部屋の隅っこにずっといるわ、
寝るときになると出てくるみたいだな」

と笑いながら言って

「次どこいく?」

とか言い出した。

幽霊も怖いけど
Iの神経の図太さも中々怖い。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2019.08.31|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます