FC2ブログ

俺は完全にビビっていたが、 その群がる宝の山を見過ごすわけに行かず、 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

俺は完全にビビっていたが、 その群がる宝の山を見過ごすわけに行かず、

IMG_2028.jpg


俺が子供のころに体験した話。

うちは毎年夏休みに母方の実家に帰省してるんだ。

都会から離れた自然あふれる所で、
俺も毎年帰省するのが楽しみだったのよ。

で、そこで一番楽しみにしていることが俺にはあった。

けっこうな山中なもんで、
夜になると道にポツリポツリとある街灯に虫が大量に集まるんだ。

道を歩いてるだけでカブトムシやゲンゴロウなどの、
子供にはたまらん虫が採集できたんだ。

例年の様にその年も、
俺は親父と夜の田舎道へと繰り出して行った。

その虫の取れる道は二手に別れていて、
途中でまた一本に戻るという道だ。

いつも俺と親父は別れて行動している。

その日もいつもと同じように行動していた。

だが、その日は甲虫どころか、
いつもは大量にいる蛾や蝉さえもいなかった。

おかしいと思いつつも道の真ん中あたりに来ると、
何か道の真ん中に奇妙な物がある。

近づいてみてそれが何かわかった。

大量の虫の塊だった。

カブトムシのような大型から、
カマキリ、蝶など、
ありとあらゆる虫が折り重なって何かに群がっている。

それはよく見ると人の形をしていた。

しかし、でかすぎた。

普通の人間のサイズじゃなかった。

その3メートルはある巨人は、
黒い剛毛の覆われていたのを覚えている。

俺は完全にビビっていたが、
その群がる宝の山を見過ごすわけに行かず、
親父を呼びに急いで合流地点まで走った。

親父に事情を話して
さっきの巨人の場所までもどってきた、が・・・

その場所には既に何もいなかった。

さっきまで大量にいた虫の一匹も消えている。

親父には笑われるし
虫は一匹も捕獲できないし散々だったが、
あの巨人はなんだったんだろう?

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2019.09.02|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます