FC2ブログ

[超怖い話 実話] 怖い異変・ 両目が見えなくなった兄さん 長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

[超怖い話 実話] 怖い異変・ 両目が見えなくなった兄さん 長編

超怖い話 実話 長編


親戚のお兄さんは大学時代に、両目が見えなくなってしまいました。

今は実家に帰ってきて療養中なのですが、目が見えなくなった原因はまだ分からないままです。

目が見えなくなってしまった時は、精神的に不安で自殺も考えた程。

最近、親戚の集まりで会ったのですが、今は「 まぁ 今は目も休めって事なんだろうな〜」

と、言って気楽に過ごしています。

でもここ最近、お兄さんの家へ行った時に

「 なんだか最近、変なものを見たり聞いたりするんだ・・・・」
と・・・

『 へ〜どんな物が見えるの? 』と言う私にお兄さんは


『 小人が見えた !! 』


その小人はベッドの隅にちょこんと座っていて、目が合うと逃げていったそうです。

お兄さんは現実的な人で、おばけや霊なんて全く興味がなく信じないタイプなのに、驚きました。


IMG_1255.jpg

それから、どんどんと”不思議なものが見えてくるようになった”

大きな手が見える 誰も居ないのに声が聞こえる 足音がするなどなど・・・

ある日、親戚のお兄さんの家へ遊びに行くと、今日は部屋から出てこないと、おばさんが言ってました。

お兄さんの部屋へ行ってみると

布団の中に包まっていて、変な事を言い出しました。

『 目が見えてないのに、そこのドアの所に白い着物を来た女が立って、こっちを睨んでるんだ! 』

今はもう見えないけど、来てくれて良かったよ・・・ガクガクしながらそう言ってました。

『 もし幽霊がいるのならば、そこら辺に うじゃうじゃ といるよ・・・』

まだお兄さんは治療中ですが、相変わらず見えているみたいです。


超怖い話 ランキング ★★★☆☆

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2018.07.31|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます