FC2ブログ

不吉な夢だと思って震えていたら、 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

不吉な夢だと思って震えていたら、

IMG_2144.jpg


うちの爺さん(イギリス人)が若い頃こんな夢を見た。

近くの山のなかを歩いていたら、
カーンカーンという音とともに、

「トンネルの中で
なすすべもなく叫ぶ哀れなものどもに捧ぐ」

という声がして、
複数の人がドッと笑ったところで目が覚めた。

不吉な夢だと思って震えていたら、
親が部屋にやってきて、

「トンネルが崩れた。
救助に行くからお前も来い」

といわれて、
助けに行ったんだけれども、
誰も助けられなかったらしい。

崩れたトンネルは最近出来たばかりで、
近くの町に行くのには便利なんだけれども、
地元の年寄りの話では、
かつて残虐非情な盗賊の一味を捕まえて
リンチにかけたところだったので、
よくない噂がささやかれた場所であったらしい。

あと、トンネル作りに奔走した村の若い役人が、
ショックで夜になると叫ぶようになって、
村のみんなが暗い気分になってしまった。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2019.09.26|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます