FC2ブログ

[超怖い話 実話] 切断された体のパーツ・悪夢 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

[超怖い話 実話] 切断された体のパーツ・悪夢 短編

超怖い話 実話 短編


ある日から変な夢を見るようになりました。

その夢とは・・・

大型のチェーンソーを持った男に追い掛け回されて、最後は腕を切られてしまう。

ものすごくリアルで、夢なのに痛いって感覚もはっきりしてる。

腕が切り落とされたところで、目が覚める。

でも次の日も、又同じ悪夢で、同じ男に追い掛け回されている。

今度は反対の腕を” ヴィーン !ガリガリ ”って、切られました。

切断された腕の噴き出す血とか物凄くて、夢の中で何度も何度も叫びました。

ホラー映画みたいのリアルさで、気が狂いそうでした。

夢の中の自分は、両腕が無くなったわけです。


IMG_1296.jpg

その次の日からは” 足切断 !”

腕の時同様、足の付け根辺りから、チェーンソーで切り落とされます。

夢の中なので、抵抗どころか動く事も満足に出来ず、されるがままでした。

もうこんな夢は見たくないと強く願ったんですけど、その翌日まで夢は続きました。

残った一本の脚を男は躊躇無く、チェーンソーで簡単に切り離しました。

もう体には腕も脚もない・・・・

夢の中の自分は 胴体だけの ダルマ 状態 


そこでやっと夢が醒めたんです。

ホント変な夢だったなぁって思います。

長い夢だなぁとも思いました。

だって僕は生まれた時から・・・


両腕も両脚も無かったんですから・・・


超怖い話 ランキング ★★★★☆


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2018.07.31|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます