FC2ブログ

「もう二度と来てほしくはないわ・・・」 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

「もう二度と来てほしくはないわ・・・」

IMG_1832.jpg

「昨日の雪はすごかったわね」



「もう二度と来てほしくはないわ・・・」



雪かきに追われるご近所さんたちの中で4歳の子供が不満を持っていた。



そんな中子供の前に妖精が現れた。



「どうしたの?」



子供がTVが嘘をついたと泣いた。



「どんな嘘をつかれたの?」



子供がちょうど気象情報をTVで流していたので指を刺した。



「ああ、これが降ってこなかったのね!まかせて!!」



皆が何かの気配を感じて上を向くとそれが次々と降ってきた・・・・。





【解説】



















『昨日の雪はすごかったわね』

と言っているように、大雪が降ったようだ。



しかし、妖精は

『ああ、これが降ってこなかったのね』

と言っている。



つまり、子供の予想とは違うものが降ってきたようだ。



子供の予想というのは、

『気象情報をTVで流していたので指を刺した』

とあり、大雪が降っていたので

おそらく雪だるまマーク。



となると、子供は雪だるまが降ってくると思っていたのだろう。



それを察した妖精は

雪だるまを降らすことにした。



雪だるまを降らされたら

怪我どころか下手したら死んでしまうのだが…。





雪だるまマークは可愛いので、

子供からしたら雪だるまが降ってくることを

本当に楽しみにしていたのかもしれない。



それにしても、この妖精、

雪だるまを降らす力を持っているとか

本当に妖精なのか…?



危険なことを平気でやり始めているため、

妖精に見せた悪魔なのではないかと思ってしまう。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2019.09.06|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます