FC2ブログ

自分的には怖かった中学一年の夏の実体験。 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

自分的には怖かった中学一年の夏の実体験。

20141226143815fe8.jpg


自分的には怖かった中学一年の夏の実体験。

夏休み入るちょっと前くらいのとても暑い日、
朝起きたらなんか体がだるい。

時計を見ると6時前。

そのまま寝ようとしたけど、
もう明るいし既に暑いし
二度寝前に一階でなんか飲もうと
ベットから出るとさらに体がだるい。

部屋から出ようと向きを変えたとき、
さっきまで自分が寝てたベットに何かがいるのに気づく。

ギョッとして見ると俺が寝てた。

「…???(゜~゜)」

しばらくフリーズ。

そして俺閃く。

「これ…ゆーたいりだつじゃね?」

俺のおじさんがよく幽体離脱する人(自称)で、

「壁は通り抜けるよねー」

「空?飛べる飛べるw」

「離脱しやすい血筋ってのがあるらしいから
(俺の名前)君もそのうちできるよ!」

…と昔から聞かされてたこともあり、
その時は全く怖くなく、
むしろワクワクが止まらなかった。

とりあえず部屋の中でいろいろやってみる。

結果がこんな感じ。

・まず壁は通り抜けない。

・空を飛べる以前に、普段より体が重い。

・鉛筆とか消しゴムは持てるけど、
鉛筆立てとか教科書くらいになると持ち上がらない。

・なんかうまく触れないものがある。
(本棚とか机とかたぶん壁も)

とまあかなりがっかりな感じだったけど、
自分の姿が周りから見えていない(たぶん)ってだけで
中一の俺には充分だった。

夏だからドアは開けっ放しなので、
部屋からは出られた。

けど体がさらに重くなる。

隣の親と妹が寝てる部屋も
ドアが開いてたから入ってみる。

まだみんな寝てた。

その隣の部屋はドアが閉まってたので素通り。

この時点で体の重さがヤバい。

部屋にいたときとは
比べものにならないくらい。

たぶんだけど
自分(本体)から離れるほど重くなってた。

でももう二度とできないかもしれないし、
ここは頑張って外には出ようと
階段までなんとかたどり着き、
降りようとしたら横(壁の中)からなんか飛び出て来た。

背丈が俺(当時170センチ)の腰くらいの
全身肌色の子供だった。

正確にはずっとその子はうつむいてたから、
どんな顔かも本当に子供なのかもわかんなかった。

その子が階段と俺の間に立って
両手を広げて通してくれない。

でもなんとなくその子から悪意も感じなかったし、
あまり怖いとも思わなかった。

「きっと今の俺はここまでなんだろうな~」

となんとなく納得して、
通してくれないし体も重いしで部屋に戻ることにした。

帰りは楽なもんで
どんどん体が軽くなっていった。

で、自分の部屋に入ったらすごいことになってた。

さっきの肌色の子供が5~6人ベットに群がっていた。

ベットの壁に面していない側、
側面から3~4人、
足の方に2~3人に分かれて
寝ている俺の体を囲んでいる。

ベットにうまくのぼれないのか、
上半身を曲げて顔を突き出し
俺の体に触ろうと
一生懸命手を伸ばしてモゾモゾ動いている。

「なんかやばい!」

と感じたところで
汗だくでベットの上で目が覚めた。

起きた時間は
朝6時ちょっと過ぎだったと思う。

夢だと思いたいけど今でも鮮明に覚えてるし、
実験に使った筆記用具が机の上に散らばってた。

鉛筆とか消しゴムの小物だけ。

唯一持ってる不思議な体験談でした。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2019.09.25|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます