FC2ブログ

「触るな!加護を奪う気か!」 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

「触るな!加護を奪う気か!」

IMG_1264.jpg


小学校は六年間同じクラス

中学では二年間同じクラス

高校でも一年間は同じクラス

行く大学も一緒で
学部は違えど部活は同じ

最高にうまのあう親友がいたんだよ

悪ぶってみせる癖があったけどな

気が優しくて
ちょっと臆病でいいやつだった

大学でなんかさ

部活の後のダベりの最中に
先輩だったかなあ

親友っているって聞いてきた人がいてな

十四、五人はいたんだぜ

なのに俺達だけだったよ

いるって即答できたの

聞かれた瞬間にお互いを指さしてさ

二人して笑ってたら周りまでいいなあとかさ

おまえら愛し合ってるだろとか
からかわれたりさ

揃って照れたっけなあ

社会人になって四年目か

あいつが凄い暗い顔をして家に来た

たわいのない話したっけ

その後で今人生の瀬戸際になってるからって
借金を申し込まれた

あげるつもりで渡したさ

二度三度ときても冷たくなんかしなかった

就職とかってぶっちゃけ運もあるしさ

俺があいつの良い所わかってるから
きっとなんとかなるって
そう信じてたんだ

あいつの良さがわからないやつが多いのが悪いって
他人ごとなのに腹立たしくも思ってた

四度五度ときて
段々様子のおかしさが悪化してってるのが気がかりでさ

とうとう、心配になって家にいったんだよ

扉の前に竹でつくった
野暮ったい飾りが出てたアパートなのにさ

表札がなんか大理石っぽい石に刻まれたもんを
わざわざ紙を差し込むタイプのやつを上からとりつけてた

わけわかんなくなったよ

家に通してもらった後
もっとびっくりしたわ

あいつん家父祖の代から
切支丹一家だったんでさ

十字架とかある分には気にもならなかったんだけど
十字架のさ下以外の棒あるだろ?

それに鈎つけたような変な飾りが
ところ狭しと壁にかけられてんだ

なんか俺が小学生のころ工作でつくったような
かたちのわるい変な壷とかあるしさ

ひょっとして
もしかして
こいつ生活苦の余り
変な宗教につけこまれたんじゃあ

そんな疑念が浮かんできてさ

手近な壷に触ろうとしたのよ

「触るな!加護を奪う気か!」

凄い形相だったよ

喧嘩だって何度もした仲だけどさ

不貞腐れたりとか
いろんな顔見せ合ったけどさ

殺しかねないってレベルの恫喝なんて
経験なかったぜ

加護亜依が来るわけねーだろって
冗談言って誤魔化したけどさ

その後
俺の一挙手一投足を
じっとみてるんだよ

こんなことあるんだな

俺が親友だと呼んでた奴は
とっくに死んでたんだよ

「加護があるんなら
なんで仕事みつかってないんだよ」

「今は試練の時。
神が下さり給うた選ばれた人間に与えられる苦行の最中」

「その神様ってさ
選んだ人間の周りを不幸にしてまで
そういうことすんのか」

「不幸だと思うやつは神に見放される」

「そっか…」

こんなやりとりで
あっけなく俺たちの友情は崩壊した

俺は昔の住所録から
あいつの両親に電話をかけて
あいつが変な宗教にはまってかなりやばい状況になってる
って報告した

赤の他人の俺じゃ助けてやれる範囲に限りがあるからって
泣いて頼み込んだ

カルト宗教被害支援団体がやってくるその日
俺も見に行ったよ

悪魔とかさんざん悪態つかれちゃったぜ

おまえが悪魔将軍だったのかとか言われてさ

助けようとしてる人を
悪魔悪魔となじるんだよ

オウムの時俺はまだ小さかったけど
なんで人間があんなひどい事できるのかわかんなかった

催眠術とかはやってもどうせヤラセだろうと思ってた

こんなことってあるんだな

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2019.09.17|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます