FC2ブログ

小学生の時 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

小学生の時

IMG_1731.jpg

俺が小学生の時、夏休み直前ということで
クラスで大掃除をしていました。

教室掃除の前に自分達の机の中(引き出しの中)を
整理しようということで、
いったん中の物を全部出したんです。

当時(今もですがw)俺は整理整頓が大の苦手で、
机の中には授業で使ったプリント類が
ぐっしゃぐしゃに詰め込まれていました。

それで一度全部の物を外に出して、
完全に空っぽの状態で、
机の中に引き出しを入れたんです。

そしたら中から

「ガランゴロン」

と音がしました。

まだ何か入ってたかな?と思い
引き出しを取り出すと、
中から見覚えのないビー玉が出てきました。

「おっラッキー」

程度にしか思わなかったのですが、
机の中の物は全部取り出したつもりだったので、
もう一度中を確認することにしました。

引き出しを取りだし机の中を覗き、
中に何も入っていない事を確認すると、
俺はもう一度引き出しを机の中に入れました。

すると中からまた

「ガランゴロン」

と音がしました。

えっ?と思い引き出しを開けると、
今度は図工で使うハサミが出てきました。

さすがにハサミのように
大きな物を見逃すはずがないので、
それを取り出すと今度は机を逆さまにして、
完全に中が空っぽになるようにしてから
引き出しを入れました。

もちろん引き出し自体も
空であることを確認しました。

するとまたしても中から

「ガランゴロン」

という音が聞こえました。

恐る恐る中を開けると、
今度は見たこともない工具が出てきました。

その工具は、生徒の椅子の高さを調節するために
先生が持っているもので、
普段は職員室に置いてある物でした。

先生に届けると

「なんでこんなもの持ってるの?」

と、とても不思議がられました。

もしかしたら机の中が
どっかに通じちゃったのかなーと思った体験でした。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2019.10.13|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます