FC2ブログ

20年前くらいの…まだガキの頃なんだが、 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

20年前くらいの…まだガキの頃なんだが、

IMG_1875.jpg

20年前くらいの…まだガキの頃なんだが、
父親に連れられてよく釣りに行った。

で、所沢?の人工池?に釣りに行った時の話。

段々釣れなくなって飽きてきたので、
網でメダカ掬いを始めたんだ。
(メダカといっても、実際採ってみるとタナゴだったんだけどw)

で、大群追っ掛けてるうちに、
足滑らせて落っこちたのね。

人工池は結構深く、
池の縁がコンクリで固めてて…丁度、プールみたいな感じ。

だから、足を掛けて上がれるようなものがないんですよ。

スゴイ必死にはい上がろうとしてたけど、
服は水吸ってるし、
長靴は水入ってるしで重過ぎて、
子供の自分には辛かった。

で、もうダメかと思って暫くヘリに掴まってたら、
目の前にボウフラの大群が、
ふよふよ~ふよふよ~と…

ぎゃあああああああ!!って叫びながら、
必死で上がったよ…orz

メダカ(タナゴ)の大群は、
このボウフラを狙ってたんだね…

父には目茶苦茶呆れられつつ、

「さあ帰るよ」

ってなった時に、

いつも釣った魚を持って帰って飼う父が、
バケツの魚を全部池にブン投げだしたんだ。

「こんなに釣れたんだからさ~、
お母さんに見せればいいじゃんか~!!」

って文句言ったら、

「…釣ったヤツ、みんな片目がない」

って気味悪がってた。

私に釣果を見せる為に、
手元のバケツに入れといたらしい。

何か嫌な予感がして、
自分が散々網で救ったメダカ(タナゴ)入れた水槽見たら、
…全部片目がないのね。

自分も池にブン投げたよorz

まだガキで、奇形とか共食いとか知らなかったけど、
あまりの怖さに帰りの車ん中でずっと泣いてた。

父もショックだったらしくて、
あれからもうそこには行ってない…

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2019.10.14|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます