FC2ブログ

在籍していた学科のある教授は骨董収集が趣味で - 超怖い話 実話

ピックアップ!

在籍していた学科のある教授は骨董収集が趣味で

IMG_1578.jpg

在籍していた学科のある教授は骨董収集が趣味で、
研究室は物であふれ返っていた。

その中に青竜刀があったんだけど、
先生に勧められそれを持った途端、
遠くから声が聞こえた。

大勢が一斉に叫んでいるような声。

自分としてはほんの一瞬のことと思ったら、
実はかなり時間が経っていたらしい。

気付いたら教授たちに腕や足を押さえられていた。

理由を聞くと、
刀を持った途端に中国語で叫びながら踊り狂ったらしい。

怖かったのは持ち主の教授の一言。

「やっぱり何かついてたか」

・・先生、やっぱりって何だったんですか?

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2019.10.03|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます