FC2ブログ

俺は全く霊感もないし現実主義だから、 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

俺は全く霊感もないし現実主義だから、

IMG_0551.jpg

俺は全く霊感もないし現実主義だから、
自分で体験し見た物しか信じない。

だから宇宙人も霊的な物も、
占いだって信じていない。

でも、カーチャンとばーちゃん(親子)は昔から霊感が強いらしく、
様々な体験を話してくれた。

俺は怖かったけれど、
それでも心の何処かで「勘違い乙」とか思っている可愛くないガキだった。

前置きはこれくらいにして、
俺が小学高学年だったある日の事。

実家は県庁所在地の栄えた所だったが、
所詮地方都市。

数十分車を走らせれば山菜豊かな山へと行ける。

父、母、弟、俺、母の弟(つまり叔父)の5人は、
恒例のウドやワラビ取りへと出掛けた。

山に着き、
俺以外の全員が山菜採りに山の奥へと入っていった。

俺は酔いとデカイ百足に怯えリタイア。

車でボケーとカセットテープを聞いて待っていた。

数分して、母が顔面蒼白で戻ってきた。

そして俺に一言。

「嫌な気配を感じた。ここは危険だ」

「何かあったの?」

「無いけど、悪い予感がして進む事が出来なかった」

母の尋常じゃない姿に驚いて、
俺は取り敢えず大声で山に入った皆を呼んだ。

運良くなのか、粗方採られていた山菜、
皆は場所代えの為に近くまで戻ってきていた。

母の悪い予感に誰も真面目に取り合わなかった。

俺でさえ、ただ母に驚いただけだったから。

しかしそれからおよそ一週間後。

母の悪い予感は本物だったと、
嫌でも認める事となった。

夕飯が終わった後のローカルニュース番組。

あの日出掛けた山で、他殺体が発見された。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2019.10.19|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます