FC2ブログ

今から10年くらい前なのですが、 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

今から10年くらい前なのですが、

IMG_1943.jpg

今から10年くらい前なのですが、
私は良くパチスロをやっていて、
当時はまぁ色々あって勝てる時代だったので、
良く知人と勝っては喫茶店へ行き、
深夜まで話をするという事がありました。

その店のみそかつ定食が大好きで、
良く食べてました。

ある日その店に行くと、
店主(女性一人でやってる喫茶店でした。その後、店の場所は歯医者になってます)が、

「前々から言おうとは思ってたんだけどね~・・・」

と、意味深な感じで声を掛けてきました。

この店には2年程前から私が常連で食べに行ってたので、
店主とは良く色んな話はしてましたが・・・

「あんた塩もって歩きなさい。それが周りのためよ」

意味が分からない私に続けて、

「あんたに悪いのが良く付くの。
でもそれをあんたが気が付かないから、
あんたが連れまわして他人になすり付ける」

と、某鉄道ゲームみたいな事を言われました。

それで当時、
塩を2~3ヶ月は持っていたんですが、
めんどくさくなって持たなくなっていました。

塩を持ってた時は店主に

「ほらね、持ってたほうがいいでしょ?」

と、私が持ってると言っていないのに良く言われてましたが、
私自身良く分からず

「そうですね^^;」

って感じでした。

それからしばらくしてその店がなくなり、
歯医者に変わってから1年くらい経ったとき、
夏に同級生と川に泳ぎにいこうという事になりました。

今は○光トンネルが通っている道の脇になるでしょうか、
小さい1~2m程の滝がある川がありまして、
写真等デジカメで撮っては、
冷たい川で遊んでいました。

帰りに○港の商店で飲み物を買おうと立ち寄ると、
例の喫茶店の店主とばったり会い、

「あんた久しぶりね~・・・
なんで塩持ってないの?」

といきなり言われました。

あたふたしてる私に、

「はぁ~・・・どこ行ってきたの?
そんないっぱい・・・」

と言われ、

「あんた友達と一緒ね?」

と聞かれたので、

「はい 川で遊んで来ました」

と言うと、

「ちょっと待っときなさい」

と店主はまた商店に入って行き、
私に塩を買ってきてくれました。

「まぁ清め塩がいいんだけど、
別に食用で問題ないから。
あんたにあげるから、
今度から絶対持って歩きなさい」

と言われ、
ハニカミながら

「すいません」

と言ったのを覚えています。

店主との別れ際に、

「あんたとはもう会わないから、
元気で頑張るのよ」

と言われました。

その言葉に何の疑問も抱かず、

「もう喫茶店しないんですか?」

と私が聞いたら、

「病気でね、手があまり動かないからね」

と手のしぐさをして、
笑顔で手を振ってくれました。

家に帰った私は、
早速デジカメのデータをPCに移し、
側にいた友人と画像のチェックをしました。

30枚程撮ったと思いますが、
全部の写真にまぁいわゆるいわくつきの物が写っていて、
恐怖するよりも気持ちが悪くなり、
嘔吐したのを覚えています。

そのデータを写したHDDもデジカメも1週間もせず壊れてしまい、
2週間後には友人の車も事故で大破してしまいました。

友人は奇跡的にかすり傷でしたが・・・

友人の運転技術はさておき、
私のせいだと今でも言っています。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2019.10.25|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます