[超怖い話 実話]伝説の牛女 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

[超怖い話 実話]伝説の牛女

超怖い話 実話 短編

皆さんは神戸の牛女の伝説は知っていますか?

凄まじいスピード車やバイクを追ってくる、牛頭人体の妖怪の事です。

元々は第二次大戦中に発見された、屠殺業の娘が牛頭人体であったという噂のような都市伝説ですが、
地元の人が言うには、人を襲うといったものではないようです。

この話は地元の人達は、ほとんどの人が知っていますし、肝試しに行く人達もいます。

IMG_1320.jpg


私の友人も六○山にある神社に出るらしいと噂を聞き、肝試しに出かけました。

神社らしきものを見つけたと言っていましたが、その神社に近づくうちに奇妙な事が起こり、車のヘッドライトが消えたり、ついたりしたり、車のエアコンが止まったりして怖くなってすぐに帰ったそうです。


友人からこの話を聞いた2年後くらいに、不思議な話を聞きました。

別の友人の自宅で数人集まり、鍋をしていた時。

メインの鍋も食べ終わり、話題が怖い話になりました。

私は前に聞いた。友人の牛女の話を話しました。

するとその中にいた、一人の女の子の顔が曇ったように見えました。

私と目が合った彼女は、話をし始めました。

「私もそこに行った事あるんだ・・・たぶん同じとこ。彼氏と友達4人で。車で行ったんだけど、
遠くから様子を見たら、境内っていうか、鳥居が見えた。意外とひろくて軽自動車なら、敷地内まで車で入っていけそうだったし、車の中だったら怖くないって言う話になって皆で入っていったんだ・・・・・・」

「・・・・それで・・・・ちょっとずつ車で入っていったんけど、車で入れたけどUターンも出来て、目の前に鳥居が迫ってた・・・。
鳥居をくぐった辺りでふと前を見たら、ちがう・・・
ずっと見てたけど、気づかんかった・・・・いや、絶対居なかった・・・!」

「なにが?いなかったの?」 と聞くと・・・

「境内?賽銭箱がある辺りに・・・四つんばいになった女の人
・・・
白い着物着てた。みんなが気づいた瞬間に飛び上がったと思ったら、 車まで一瞬でボンネットに飛び乗ってきた。」

「・・・・・顔見たの?」

「顔は人間だった・・・。でもダラダラとすごい涎垂らしてた・・・。」

「それで?」

「逃げようとしても車のエンジンがいつの間にか止まってて、ライトもなに
もつあなかった。
そのまま数分間・・・みんなかたまってて・・・。その女の人もみんなの顔を見てた・・・。 」

数分してから、車のエンジンが、今度はいつの間にかかかってんのに気づいて。

彼氏がすごい勢いでバックしたんだけど、それでもあいつはボンネットでしがみついてた・・・。

でも、鳥居を超えた瞬間に、またすごい勢いで境内のほうに戻っていった・・・

こっち見たまま後ろ向きにジャンプして戻ったのが見えた・・・。


「・・・・!・・・もうこの話やめよう。」

「え?」

「コタツ下・・・そこのコタツの下の足のとこに・・・着物来た
20cmぐらい人が、いた・・・・。」

「・・・・・・・・・・・!!」

「どんな人?」

「女の子・・・おばあさんみたいな。女の子の着物だったけど、顔はおばあさんだった・・・・。
こたつの足に隠れるみたいにして、盗み聞きしてるみたいな感じだった・・・」

この話で気になったのが、最初に話した友人の話。

あの時友人はこうも言っていました。

「そうそう、びびって帰ろうとした時、すごい勢いでバックで飛び出してくる軽の車があってね。
 他にもビビリがいるんだね〜」

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2018.05.13|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます