FC2ブログ

俺が某飲食店で働いてた頃。 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

俺が某飲食店で働いてた頃。

IMG_2037.jpg

俺が某飲食店で働いてた頃。

チェーン店の中でも古いが
馴染みのお客さんや3世代で楽しむ人達がいたから
トップクラスの売上を出してる繁忙店にいたんだ。

基本調理場なんだが、
必要に応じてレジにもたつし
接客もしてたんだが、
歴史あるせいか汚くて
転勤した初日から残って少しづつ掃除していったんだ。

不用品の整理とか
木材で出来てるとこにワックスとか

だんだん綺麗になり、
最初は警戒してたバイトの子らも
ちょっとづつ手伝いにきたりと
コミュツールにもなった。

で、表の掃除がすすんだから
レジ裏に手をつけようと
壁に備え付けてある棚を開けたら
忘れ物箱があったんだ。

もうホコリもかぶってるし
日付の付いた紙が貼ってあるんだけど
3年前とかゴチャゴチャして汚い。

で、箱を取り出そうとしたら
たまたま近くにいた10年働いてるベテラン女子が

「あっ」

って言ったんだ

ん?と顔を合わせると

「なんでもない」

と言う。

じゃぁ掃除を続けようと
箱を出しホコリを拭こうとしたら
箱の入ってた棚の奥に違和感を感じて覗いてみたら
お札を発見した。

あまりに不自然な位置に貼ってあることと、
さっきの女子の反応が気になって聞いてみたんだけど、
知らないと言う。

ふーんとその日は終わったんだけど、
だんだん気になって他の従業員に聞いたけど、
誰も本気で知らなさそう。

だからその女子に

「あれ汚いから剥がそうと思ってさ」

と話したら顔色代えて

「ダメ」

と訴えかけてくる。

「なんで」

と聞いたら
今度は教えてくれた。

何でも店舗が出来た当時から
社員は年に1度怪我をするらしい。

救急車を呼ぶほどではないけど、
病院に行くレベルとのこと。

でも当然だけど
怪我が起きる→お札をはろう
にはならないままだったけど、
そういうことを気にする人が社員になって話をしり
お札をもらってきて貼ったようだ。

そしてそれを貼ったら怪我はピタリと止んで、
バイトも店長も社員も入れ替わり、
そのことを知っているのは
その子だけになっていたそうだ。

だが当時20代で、
夜遅くなって深夜店舗で寝泊まりしているときに
店員を呼ぶピンポーンがなっても
「はい?」とその席まで行く俺。

誰もいない店舗の事務所にいたら
ドアノブがガチャガチャ回されて
ハサミを持って確認したら誰もいない。
とかいうことを経験してた俺は迷わず剥がした。

その子はあわわしてたけど、
まぁバイトが怪我しないなら良いやと思ってさ

そしたら次の日曜日に混んだ。

1時間待ち2時間待ちと
俺なら帰ると思うほど待つお客さんが多かった。

調理が楽しい俺は
厨房でノリノリだったけども、
なんかの食材が切れて
裏にある冷蔵庫からそれを取ってこようと
小走りで途中のドア(アルミの軽い奴)をトン、
と開けて通過しようとしたら

そのドアはバネ?とかで自動で閉まるタイプではなくて、
手で開けて、手で閉じるものだったんだけど、

トン、と開けて開いたのを確認したのに
ビュンっって感じで戻ってきた。

こう切れた人が
ドアをバンっと閉じるような感じ。

それが俺の顔面に直撃して
左目のマブタを切った。

痛くはないけど、
ビュッと血がでて、
左半分真っ赤かな顔

大したことじゃないんだけど、
当然顔に傷は残った。

お札ってこういう意味だったのかな。。。
と思いつつも
まぁいいやで済ませた俺が甘かった。

店舗には社員が二人いたんだよ。

店長と俺

俺は血を流したけど、
店長は何もおきてなかった。

強いて言えばバイトに嫌われていた。

えぇすごく。とにかくすごく

でそのお札を剥がした1ヶ月後位に
店長の具合が悪そうな日が続いて
少ししたらカミングアウト。

「白血病になった」

???となったけど、
知ってる人は2~3人だから
黙ってて欲しいということと
薬飲んでるから大丈夫という話。

時々休みがちになっていって、
バイトの子(お札の子)と話してて、
まさか…・お札は関係ないよね、
という話になった。

なのに何故か元のお札を貰ったところに
休みを合わせて行ってきた。

で、
同じように貼ったら店長の症状も軽くなったらしい
(らしいというのは貼ってすぐに俺転勤)

俺の代わりに配置された社員も怪我はしてないようだった。

まぁお札は大事だねという話。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2019.10.06|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます