FC2ブログ

夜の11時も過ぎた頃 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

夜の11時も過ぎた頃

IMG_1347.jpg

夜の11時も過ぎた頃
外で中学生(?)の男の子の叫び声がした

窓を閉めていても聞こえる程の叫び声で
びっくりしてベランダへ出てみた

私のマンションから真っすぐのところにある
スーパーの駐車場に人影が!!

何やら

「おとーさーーん!!!」

と叫んでいるみたいで
ときどき癇癪を起こしたりもしてた

声変わりの途中の声で
焦ったような、悲しいような声だった

恰好は普通だったけど
こんな時間にウロウロしてることがおかしいし
何をしているのか分からない

とりあえず通報したけど
これがまた遅いのなんの

ベランダで一人そわそわしてると
どんどんスーパーから離れてしまい、
声も聞こえなくなった

その頃に警察が来て事情を訊かれたけど、
男の子はもういないので
警察からは嘘つきみたいな感じに扱われた

結局あの男の子が何をしていたのか分からない

虐待かネグレクトとか何かあるのかな?と思ったけど
やっぱり分からなかった

ところがそれからしばらくして
またその男の子を発見!!

時間はまた深夜だったけど、
その叫び声ですぐに分かった

行って事情を訊くには勇気が足りないので
また通報しようとしてると
男の子の所に品の良さそうな女性が駆け寄って来た

お母さんだと思いちょっと安心

するとさっきの品の良さはどこへやら
凄い力で男の子の腕を引いて頭を叩いていた

男の子が相変わらずおとーさーんと叫んでいると
大きめの車が来て2人を乗せていった

呆気にとられていると
電話がかかってきた

怖かったし
こんな夜遅くに電話がかかってくることがありえないので
無視をしておいた

ところがそのまま眠ってしまい気付けば朝に

電話には留守電が入っていて
昨日のことは何でもないので
気にしないで下さいと一言

誰の声かは分からなかったけど
気味悪いので引っ越しをした

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2019.10.20|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます