FC2ブログ

子供時代よくあったのは秘密基地だよな。 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

子供時代よくあったのは秘密基地だよな。

IMG_2340.jpg

子供時代よくあったのは秘密基地だよな。

埼玉だったんだが、小4の冬の寒い日に、
友人と夏に作った秘密基地に行った。

林の中のホコラみたいな小さな神社の裏手だったんだが、
行ってみると神社が綺麗になってた。

「なーんだ、秘密基地なくなっちゃったね」

と言ってたら、神主さんが出てきて、

「このおもちゃは君たちのかい?
危ないし、ここは神様の家なんだから、
勝手に上がっちゃいけないよ」

といわれて、
秘密基地に置いてあったおもちゃを返してくれた。

親切だなあと思って見てみたら、
ビー玉とオハジキがない。

ビー玉っていっても
ラムネの中のを集めたやつだけどね。

おかしいなと思ってあたふたしてると、
神主さんの後ろに4才くらいの子供が
綿入れ着て立ってる。

で、その子が
いつもの巾着に入った
ビー玉とオハジキをもってた。

「これだけはこの子が
気に入っちゃってしょうがないから、
くれないかな」

というから、別にいいかと思ってくれてやった。

そのあとは玩具を神社の賽銭箱のうえに置いて、
境内で鬼ごっことかかくれんぼしたり、
雪だるま作ったりしてた。

よく雪が積もってたからね、
40センチは積もってた。

んで、気付いたら雪が降ってる。

ただの雪じゃなかった。

その頃は知らなかったけど、
ダイヤモンドダストだった。

あまりに綺麗できゃあきゃあやってるうちに、
冬だから日が早くて暗くなってきちゃった。

んで、済し崩しに解散した。

で、あとになって、
玩具を忘れた事に気付いたんだ。

次の日集まってまた行ってみたら、
神社なんて無かった。

前のとおりホコラがあるだけ。

あれ?ってみんなで思って、

「じゃあ秘密基地もあるんじゃね?」

って見に行った。

秘密基地はホコラの裏の小さな洞穴の中で、
子供がしゃがんで入れるくらいの穴だった。

入ったら玩具はあった。

でもビー玉がない。

ずっと捜し回ったけどなかった。

で、成人して同窓会して、
その時に地主の息子だった元担任がいうには、

「あそこはお狐様の社で、ホコラは拝殿、
本当の社は裏の洞の中だ」

っていわれた。

つまり、本殿を秘密基地にしてたわけだ。

同窓会の次の日、
洞を覗きに懐かしい面子で行った。

LEDライト片手に洞に潜り込むと、
奥のほうが少しせり上がってて、
一段うえの窪に小さな狐の彫り物があった。

子供の時分は、暗かったから
奥までは見ていなかった。

その彫り物のまわりに、
ビー玉とオハジキがいっぱい散らばっていた。

ビー玉をどけてみると、
巾着袋は狐の座布団代わりになってた。

妙に納得した自分らは、元に戻して帰った。

あと、子供の頃のお宝だった
ジャンケンゲームの金コインをおいてきた。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2019.11.08|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます