FC2ブログ

妙な光の玉を度々見るようになった。 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

妙な光の玉を度々見るようになった。

IMG_1312.jpg

小学校2年生位の時から、
妙な光の玉を度々見るようになった。

家族にその話をしても嘘つき呼ばわりされるので、
今度その光の玉を見たときは、
証人となる人を連れてきて、一緒に見ようと頑張った。

あるの夕方、近所の神社の前で光の玉を見つけた。

自分は急いで家に帰り、母親を連れてやってきた。

母親は

「何?これ?」

と、信じられない物をみるようにそっと手を伸ばしたが、
急に「帰ろう」と言って、自分の手を引いて家に帰った。

夕食の時間、自分は光の玉の話を持ち出した。

「お母さんも見てるんだから、嘘じゃないよ。ね」

と母親の方を見たが、母親は無反応。

無反応と言うより、何か怒っているようにも見えた。

兄貴が

「嘘だ。嘘つき」

と冷やかしてくるので、

「お母さんも見たじゃん。ねぇ。見たでしょ?」

と母親に証言してもらおうとすると、

「いいから早く食べなさい!」

と怒鳴られた。

暫くたって、伯母さん(母親の姉)が家に遊びに来て、
自分にお守りをくれた。

「○○ちゃん(自分)が、
事故や病気をしないようにってお守りだから、
いつも持っているんだよ」

と言って、首からさげてくれた。

それから、風呂に入ったり、
プールに入ったりする以外は、
いつもお守りを身につけた。

ある日、家に帰ると、伯母さんが遊びに来ていた。

「○○ちゃん。お守りどうした?」

と聞かれて、初めて無くなっている事に気が付いた。

「あれ?どこかに落としちゃったのかな?
探してくるよ。多分学校かな?」

と出かけようとすると、伯母さんは

「あぁ。いいよ。いいんだよ」

と出かけるのを止めた。

「また持って来てくれるの?」

と聞くと、

「もういいよ。役目が終わったんだからね。」

と、無くした事は怒られなかった。

母親も怒っているかと思ったが、何も言わなかった。

その後、妙な光の玉を見る事は極力少なくなったが、
光の玉の話をすると、伯母さんがやって来てお守りを渡された。

中学生位の頃から、妙な光の玉を見る事は無くなった。

そして、伯母さんからお守りを渡される事も無くなった。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2019.11.12|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます