FC2ブログ

中学生の時に両親が離婚したけれども、 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

中学生の時に両親が離婚したけれども、

IMG_2259.jpg

中学生の時に両親が離婚したけれども、
その前後数年間は荒れ狂う家庭のことを誰にも相談できず、
声を押し殺して泣きながら寝る日々が続いていました。

でも気付いたら、目に見えないけれども
髪の毛が肩くらい長さの女の人が、
黙って私の頭を撫でてくれるような感じがする日が増えていき、
けれども次第に家庭が落ち着いていくにつれ
女の人の気配はやがて無くなり、何時しか存在を忘れていきました。

私が三十代になった頃、
夢の中で静かに泣く女の子の頭を撫でるという事が何度も起こりました。

そんなある日、昔の別の思い出を思い出しなが
ら何の気なしに鏡を見たら、
昔撫でてくれた女の人の姿に自分が似ていると思い出した瞬間驚愕し、
瞬時に今の私が過去の私に手を差し伸べていたことに気づきました。

その後、暫くの間寝る前に
意識的に過去の私にイメージを送り続けていき、
何となくもう良いかな?と思い始めて、
そうしなくなった途端に、不妊症なのに子どもが授かりました。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2019.11.27|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます