FC2ブログ

母とランチをとった商店街が気に入り、 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

母とランチをとった商店街が気に入り、

IMG_2070.jpg

母とランチをとった商店街が気に入り、
冷やかし程度に商店街の不動屋さんの物件チラシを見ていた。

すると、不動産屋さんのおじさんが、
良かったら中でどうぞとおっしゃったので、
お言葉に甘えて店内へ。

冷やかし半分だったので、
2LDKで7万前後(それなりに都心です)、
ペットも可能であればなおよしという無理難題をふっかけた。

すると、データベースを見ていたおじさんが

「あれ…?
あ、ああ、ありましたよ、一軒!
今すぐ見に行けますがどうですか?」

暇だったので承諾する私たち。

不動産屋からは3分の距離。

それなりに賑やかな商店街、
駅からともに近い。

日当たりもいいという。

いやがおうにも期待が高まる。

しかし建物の前に着くと、
どうも嫌な予感がする。

母に至っては鳥肌を立てている。

やっぱりやめましょうと声をかけるも、
不動産屋はずんずん進んで行く。

部屋のドアの前についた。

中は見なくていいです、
という私たちを無視して不動産屋はドアを開けた。

生臭い匂いがムッと流れ出る。

三年は入居者がないという。

その部屋のウリを話しながら、
不動産屋は雨戸を開ける。

墓場が見えた。

私は不動産屋の進行方向の反対に進み、
風呂場がバランス釜だしなーと言いながら
風呂の蓋を開けた。

ドス黒い液体が溜まっていた。

へぇ、ふぅん、なかなか…

適当な相槌をうちながら西の窓を開ける。

階段が見えるはずの風景には、
電車が走っていた(駅と正反対)。

その後も、
トイレに生首、天袋に生首、キッチンの収納に腕…

いろいろ見えて、
私たちは顔を真っ青にしてその部屋を退却した。

残念ですが、
この部屋はやめておきます。

そう告げた瞬間、
不動産屋は舌打ちをして、
私たち親子に塩を撒いて追い出した。

その翌週また母と同じ駅でランチをとったのだが、
その不動産屋が跡形もなくなくなっていて、
喫茶店になっていた。

えっ…と思いながらその古びた喫茶店に入ると、
店主がこれまた古びたメニューを持ってきた。

恐る恐る聞いてみると、
その駅には不動産屋はないという。

そして、その喫茶店には
例の不動産屋を訪ねてやってくるお客が、
たまにいるらしい。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2019.11.29|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます