FC2ブログ

その日は母の命日だったんだけど - 超怖い話 実話

ピックアップ!

その日は母の命日だったんだけど

IMG_2404.jpg

その日は母の命日だったんだけど
仕事が忙しくて墓参りに行くのすっかり忘れてたんだ。

ようやく仕事が終わって、
時計を見ると夜の10時。

さて帰るか、なんて思って
何気に携帯を見るとメールが一件。

開いて見ると兄貴からで、
内容は

「墓参り行った?」

というメール。

そこでようやく墓参り行ってないことに気付く。

明日に先送りするのも母に悪い気がしたし、
仕事もこの時期ピークで忙しく時間がない。

ちょうど母の墓がある寺は帰り道だったということもあり、
帰りがけに寄って行く事にした。

さすがに線香や花は時間も時間なので用意は出来なかったが、
母の好きだった和菓子をコンビニで買い、寺に向かう。

寺と言っても規模は小さく、
監視カメラこそあるが
深夜に出入り自由という何ともアバウトな寺だ。

正門の脇の小さな扉から中に入ると、
前から2列目の左奥にある母の墓に向かうのだが、
どうやら先客がいるようだ。

母の墓があるひとつ奥の列に誰かがいる。

明かりもなく暗かったので
遠目からはよく見えなかったが
赤いトレンチコートがよく目立つ髪の長い女性だった。

正直こんな時間にこんな格好で墓参りなんて絶対おかしいよな~
とか思ってたが
母の墓の前まで行った時に軽く目が合った瞬間
ニッコリと会釈をしてくれたので少し安心する。

(まっ。こういうこともあるよな)

と、1人ぼっちの不安さを忘れながら、
お供え物の和菓子を備え、
手を合わし目を瞑る。

(こんな時間になってごめん母さん)

と謝り、墓参り終了。

帰ろうと思って顔を上げると、
なんか後ろからすごい視線を感じる。

もしかしてさっきの女の人かな?
と思い後ろを向く。

「うわっ!!」

思わず声が出る。

そこにはさきほどまで一列後ろにいたはずの女が
俺の真後ろ、目と鼻の先に居たのだ。

しかも女は先ほど見せた笑顔とは違い、
顔は青白く、
これでもかと思うほど見開いた目で
俺を憎らしげに見ていた。

「あぁぁぁぁぁ!!」

もう声にならない叫びをあげながら全力疾走。

途中靴ひもほどけて
何回転んだか分かんないぐらい必死に走った。

でも止まるなんて絶対無理だった。

止まったら
あの女が後ろにいるんじゃないかと思ったから。

やっとの事で自宅に着くと、
もう家中の鍵という鍵をかけまくった。

それでも不安だったので風呂にも入れず、
電気とテレビを付けっ放しで
リビングで寝ることにした。

ソファーに寝転び、テレビを見る。

ちょうどお笑い番組(確かガキ使)
がやっていたので見ていると、
だんだん恐怖が薄れていった。

疲れてたんだなと自分に言い聞かせ、
強気になった俺は部屋の電気とテレビを消し寝ることに。

だが電気を消そうとスイッチを押すつもりが
間違えて隣の玄関モニターのスイッチまで押してしまった。

「!!・・・マジかよ」

この時ほど1人暮らしの独り身を悔やんだことはなかったよ。

モニターには門の向こう側に
はっきりとあの赤いレンチコートが写っていた。

解けてた緊張が一気に張り詰める。

だが俺はこんとき恐怖と同時に
怒りが湧いてきていた。

この女実は霊なんかじゃなくて
ただのストーカーなんじゃねぇのか?

こういうのはビビったら負けだ。

とか何故か強気な姿勢に。

モニターを見る限り
あの女は門から入ってきてないし、
こっちから行くしかないと思ってドアに手をかけた瞬間、
俺の心臓は凍りついた。

玄関ドアは曇りガラスでぼやけて外が見えるんだが、
そのガラス一面に複数の顔がびっしりと外から張り付いている。

それも全体に。

恥ずかしながらそこで俺は気を失った。

というか恐怖で人って本当に気を失うもんなんだな。

それ以降もまだこの家には住んでるが
怖いことは起きていない。

ただあれ以降一度も墓参りには行ってない
(母さんごめん)

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2019.11.30|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます