FC2ブログ

登山が趣味だった先生から聞いた話。 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

登山が趣味だった先生から聞いた話。

IMG_1990.jpg

登山が趣味だった先生から聞いた話。

北アルプスに仲間二人と冬山登山した時のこと。

山小屋で一晩泊まるはずが、
吹雪で三晩過ごす羽目になったそうです。

夜になって、一人の登山客が転がり込んできました。

遭難しかけだったそうです。

雪が体中にかかり、
寒さでブルブル震えていたそうです。

すぐ日の側に席をとってやり、
暖かいものを出してやりました。

「すぐ行かなきゃ」

そう言う男の話では、
三人で登山に来ていて雪崩に巻き込まれ、
二人が雪の下にいる、と言うのです。

「気持ちは分かるがこの吹雪だ。
もう手遅れだろうし、今は自分を大事にしろ」

そう言うみんなの言葉にも耳を貸さず、
男はまた出て行こうとします。

なおも引き止めようとすると山小屋の主人が、

「いや、あんたは行った方がいい」

と言うのです。

それを聞いて男はまた、
吹雪の中へ出て行きました。

なんて馬鹿なことを言ったんだ、
と言うと主人は、

「気づかないのか。
入ってきた時も息が白くなかった。
部屋で暖をとっても、体の雪が溶けなかったじゃないか。
あれはこの世の人じゃない。未練があるなら行かせてやれ」

そう言われて初めて、ぞっとしたそうです。

翌朝吹雪も晴れ、下山して通報しました。

捜索の結果、雪崩に巻き込まれた二人の遺体と、
行き倒れた一人の遺体が発見されたそうです。

三学期を一週間も休んで山に登っていた先生が、
お詫びに話してくれました。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2019.12.30|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます