FC2ブログ

友人から聞いた、そのまた友人の話。 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

友人から聞いた、そのまた友人の話。

IMG_1274.jpg

友人から聞いた、そのまた友人の話。

Sさんの住む村の社では、
御霊分けされた荒神さまが祀られている。

その『こうじん様』は、
村の中・各家々の周りをぐるぐる廻っているそうで、
彼女の村では、玄関先などで何もないのに
躓いたり転んだりすると、

「『こうじん様』に引っ掛かった」

という言い方をするのだそうだ。

実際、Sさんも何度か玄関先で

「何故かわからないのに」

躓いたり、転んだりしたことがあるという。

以前、その『こうじん様』のお祀りが
疎かになった時期があったという。

すると、村の年寄りが
次々と亡くなるということが起きた。

いくら亡くなったのが年寄りとはいえ、
一つの村から立て続けに
何軒も葬式を出すのは異様なことである。

相次ぐ葬式に村の人々も

「何かの障りではないのか?」

と思ったらしい。

そこへ『こうじん様』の本社(ほんやしろ)が、
こんなことを言ってきたという。

「御霊分けしたはずの『こうじん様』が、
こちらに戻られていますが、何かあったのでしょうか?」

…と。

早速、『こうじん様』のお祀りをし直したところ、
あれほど続いていた人死にがぴたりと止まったという。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2019.12.22|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます