FC2ブログ

私は、李奈といいます。 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

私は、李奈といいます。

IMG_1766.jpg

私は、李奈といいます。



父の仕事の都合で有名な女学院で学ぶことになりました。



院長先生は優しい方で寮生活も楽しかったのですが、
ある日父が亡くなり・・・。



学院を出て行こうとしたところ
何と院長先生が止めてくださりました。



「李奈さん!どこへ行こうというの?あなたはここの生徒なのよ!」



「でも先生・・・。」



「部屋はいくらでもあります、
あなたは学問を学ぶ権利があって
私はあなたを院長として守る義務があるのよ!」



私は先生の胸で泣いていました。



先生はぎゅっと私を抱きしめてくれました。



その日から、
また学園で勉学に励むことが出来ました。



いじめに合いそうな時も先生がいつも助けてくれました。



そんな中、
父の友人が私を引き取ってくれることになりました。



院長先生はさびしそうに私を見ていました。



でも先生のおかげでつらくはありませんでした。



このご恩は一生忘れません。




友人「あんた立派よ!『小公女』の手のひら返したババァと大違いね」



友人「本当、あんた院長の鏡よ!尊敬するわ」



院長「私はそんな人間じゃないわよ・・・。」

  『あの子本当に可愛かったのに、

   まさか引き取り手がいたなんて・・・。
   ああ、行っちゃったーーーーーーー。』





【解説】



















院長先生は百合。



となると、

『先生はぎゅっと私を抱きしめてくれました。』

という場面が下心ありに見えてしまう…。



不純な動機で先生や医者になりたい人もたまにいるみたいだけれども、

この院長先生もそんな感じだったのかな?

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2019.12.13|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます