FC2ブログ

A君はちょっとした超能力の持ち主だ。 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

A君はちょっとした超能力の持ち主だ。

IMG_1697.jpg

A君はちょっとした超能力の持ち主だ。



彼が「メロン」と書いた紙を舐めると、
口の中にメロンの味と香り、食感が広がる。



「イチゴ」でも「ドーナツ」でも同じ。



いつでもどこでも、
好きなものが味わえる。



お腹がふくれる訳じゃないから、
授業中の密かな楽しみっていう程度の超能力。



大嫌いな算数の授業中に、
大好きな食べ物を楽しめるんだから、
彼もこの能力が気に入っているようだ。



ある日のこと、A君は転た寝をした。



大嫌いな算数の宿題と格闘中のことだ。



宿題は問題集の34ページから35ページ。



A君は34ページの2問めでノックアウトされ、
問題集を閉じて、その上に突っ伏してしまった。



罰が当たったんだろうね。



A君は寝ぼけて問題集の表紙を舐めてしまった。



彼は突然の痛みで眼をさまし、
大声をあげて転げ回り七転八倒。



口から血を、
目からは涙を流しながら宿題を再開する羽目に。。。





【解説】



















『大嫌いな算数の宿題と格闘中のこと』

『問題集を閉じて、その上に突っ伏してしまった』

この問題集とは

算数の「ドリル」のこと。



『A君は寝ぼけて問題集の表紙を舐めてしまった』

とあるため、

表紙に書いてあった「ドリル」の文字を舐めてしまった。



『彼が「メロン」と書いた紙を舐めると、
口の中にメロンの味と香り、食感が広がる』

なので、ドリルの食感が

口の中に広がったのだろう。



そのために、

『彼は突然の痛みで眼をさまし、

大声をあげて転げ回り七転八倒。

口から血を、
目からは涙を流しながら宿題を再開する羽目に。。。』



という状況に…





ただ、ドリルが回転とかしていなかっため、

そこまでの大惨事にはならなかったのだろう…。



そこはまだ良かったところだと思う。



…口の中にドリルと考えるだけで痛々しいが…

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2020.01.27|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます