FC2ブログ

高校の頃の話だ。 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

高校の頃の話だ。

IMG_1831.jpg

高校の頃の話だ。

俺が通っていた高校には、
プロも輩出したことのある県内では
有名な演劇部があった。

俺は演劇部員ではなかったが、
友人が演劇部員で時々裏方の手伝いをしていた。

私立だったこともあり、
音響や照明もしっかりした設備が揃った
ちゃんとした舞台があった。

その舞台に幽霊が出るという話は
学校の七不思議として有名だった。

一昔前の、今の制服に変わる
前の古い制服を着た少女の霊が出るという話だ。

まあ、出るというだけなら
どこの学校にも一つや二つあるだろうし、
特に気に掛けるようなものではない。

きっと知らないまま卒業する人もいるだろう。

だが、演劇部内では
“彼女”の話は有名だった。

なにせ、実害がある。

いや、害と言ってもまあ些細なものだ、
むしろ悪戯とでも呼ぶべきか。

この演劇部には一つ決まりがある。

音響や照明の為の部屋に行くときは必ず二人で、
しかも一人は中に入らず外で待たなければならない。

変な決まりだろう?

二人で行くのに、一人は何もすることなく
ただ扉の前で待っているだけだ。

これは“彼女”の悪戯故に生まれた決まりだった。

一人でその部屋に行くと、
ほぼ必ずといって良いほど鍵を掛けられるのだ。

その部屋はなぜか
外からしか鍵が掛けられないようになっていて、
その部屋に来るのは部員以外ほとんどありえないというのに、
部員が閉じ込められるということが多発したのだという。

俺が在学中にも何度かそういうことがあった。

たまたま一緒に行く人がいなかったり、
短い間だから大丈夫だと思って油断していたり、
まだ決まりを知らない新入生が被害者だったりした。

こういう話を聞くと、大抵誰かが

「悪戯で鍵を閉めたんだろう」

という話が必ず出てくるが、
その部屋に行く道は一つだけで、
そこを誰かが通れば部員は必ず気づくはずなんだ。

だが、部員が途中でその部屋に向かったことも、
他の生徒がそこへ行ったこともなかった。

鍵を掛けるだけ。

但し、人が全く傍にいない、
つまり完全に閉じ込められてしまう可能性のある時は何もしない。

そういう意味では本当に些細な悪戯だと言えた。

が、この部屋には空調がないため、
夏場は信じられないくらい暑くなるし
冬はとてつもなく寒くなる。

長時間閉じ込められれば危険なこともあるし、
何より生理的な問題があるw

まあ、今までのところ
大きな被害がでたことはないのだが。

今年みたいな猛暑のときは流石に心配にもなる。

俺はOBではないから
卒業後のことは直接は知らない。

だが、元部員の友人の話によれば、
彼女は今も些細な悪戯で
部員たちを困らせているとのことだ。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2020.02.21|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます