FC2ブログ

これは俺の友人(以下I)が - 超怖い話 実話

ピックアップ!

これは俺の友人(以下I)が

IMG_3469.jpg

これは俺の友人(以下I)が
幼稚園の時に体験した話。

その日Iは幼稚園の行事で

「幼稚園の遠足の定番!」

みたいなとこに行った。

バスで現地に行き、
Iたちは屋内ホールのようなところで
先生から諸注意を受けた。

その時、Iは急激な便意に襲われた。

当時幼稚園児のIは我慢できるはずもなく、
先生にトイレまで案内してもらった。

トイレの個室で用をたしていると、

「バンバンバン!!」

と誰かがドアを強く叩いた。

「だれー?!」

とIは訊いたのだが返事はなく、
ひたすらドアを叩いてくる。

腹を立てたIは、下の隙間を覗き込んだ。

するとそこには裸足の足があった。

大きさはその当時の自分と同じくらいと言っていたから、
相当小さかったのだろう。

しかしその足は物凄く白かったと言う。

その瞬間

「ドガッ!!」

という音がし、
今度は白い手がドアの上に指を掛けてきた。

「だれだよ!!おまえぶんなぐるぞ!!」

とか、Iは当時から気が強かったらしく
何度も言ったらしいが、
手はどんどん壁をつたって迫ってくる。

とっさに下の隙間を見たら、
足は背伸びはおろか微動だにしていない。

そう、まるで手だけが伸びているように。

そしてついには、
白い手の肘から先が完全にこっち側まで来ていた

Iの恐怖は限界に達したらしく、
両耳をおさえ縮こまるような形で叫んだ。

「うああああああああ!!!」

すると先生が飛んできた。

Iは先生に誰かいたかと尋ねたが、
トイレの中には誰もおらず、
トイレから出て行った人もいなかったそうだ。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2020.03.26|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます