FC2ブログ

私(名字は福井)と友人のサッちゃん(名字は石川)は、 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

私(名字は福井)と友人のサッちゃん(名字は石川)は、

IMG_2156.jpg

私(名字は福井)と友人のサッちゃん(名字は石川)は、
下校中にある老人に声をかけられた。



「これは、今いる同じ学校の子と入れ替わることのできる名札だよ。
入れ替われる時間は1時間。試してみる?」



私達が欲しいと言うと、
その老人は名札を私達にくれた。



「名前が書いていないだけで、
まんまうちの学校の名札じゃん。」



ちょっと疑いつつも、
とりあえずサッちゃんと遊ぶ約束をして、
一旦帰宅。



その後、サッちゃんの家へ行き、
先程の名札で本当に誰かと入れ替われるのか試すことにした。



私は、事前にウチに居る弟にこのことを伝え、
弟に入れ替わることに関して了承を得ておいた。



「あたしは、2組の大川くんと入れ替わってみる♪」



サッちゃんは、そう言った。



では、まずは私から。



名札を着け、目を閉じ、
私の弟と入れ替わりたいと言ったら・・・



眩しい光が差し込み、
光が消えると、
私は確かに弟の姿になっていた。



「本当に弟と入れ替わったよ…。
名札も弟の学年の色になって、
福井って名字も書かれてるし。」



続いてサッちゃんも試してみた。



すると、
光が消えたあとに現れたのは、
2組の大川くんだった。



私達同じ学年の色の名札に、
大川の名字が書かれている。



だが、服はびしょ濡れな上に、
頭には変なゴミがついている始末。



「なんか大川くんの格好変じゃない?」



そう思いつつも、
とりあえず1時間待つことに。



1時間後、
私は元の私の姿に戻れたのだが…



サッちゃんはなぜか1時間経っても
大川くんの姿のままだった。



私は気づいた…



「サッちゃんは元に戻れないかも。
あと、サッちゃんの身体は今頃…」





【解説】



















サッちゃんが大川くんと入れ替わった時、

大川君は川か海で溺れているところだった。



その後、サッちゃんの姿の大川くんは

1時間以内に溺れて亡くなってしまった。



そのため、サッちゃんは大川くんの姿から戻れなくなってしまった。





それにしても、

サッちゃんは大川くんと入れ替ろうと思った理由は

好きだったからとかなのだろうか?



ものすごく気になった点は、

語り手はちゃんと弟に了承を得ているのに、

サッちゃんは大川くんに了承を得ていない。

(これを確認するために何度か読んでしまったけど…ないよね?)



仮に大川くんが溺れておらず

普通に生活していたら、

いきなりサッちゃんの姿になっていたということに…



誰か友達と一緒にいたとしたら、

友達の目の前でサッちゃんになったということだから、

その場は騒然となるだろう。



でも、中身は大川くん。



いきなり

「サッちゃんなんでいるの?」

とか言われても困ってしまうはずである。



そこでの受け答えが変だったら

サッちゃんに変な人のレッテルが張られる可能性も…



なぜサッちゃんが大川くんになろうとしたのかはわからないが、

姿が入れ替わるだけであれば、

サッちゃんにはデメリットしかないような気もするのだが…

(語り手は了承を得ているし、

後々弟との話題のネタにもなるだろうが…)

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2020.03.25|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます