FC2ブログ

中学2年の時の話 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

中学2年の時の話

IMG_3469.jpg

中学2年の時の話

模試の帰りに、
折角なので難波をうろつこうということになった。

その当時、
埼玉から引っ越してきたばかりの私は、
大阪の街に不慣れで、
しかも子供だけで繁華街を歩くというのも初めて
(埼玉では、せいぜい、駅前のマルヒロどまりw)。

友人達は慣れたもんで、
地下街からエスカレーターに乗ると、
建物の中に入った。

なにやら、
中高生に人気のブランドが軒を連ねているらしい。

どこの店の何が可愛いとか、
いろいろ教えてくれるのだが、
ここでハグレたら家に帰れなくなるという恐怖心で、
会話もそこそこに後を着いていくのに必死な私だった。

で、その違和感に気付いたのは、
1軒目のファンシーショップを出てすぐだった。

視界がボヤけるというか、
中心は明瞭なのに
目の端が薄暗く靄がかかって見にくい。

「なんか、コンタクト変だし、
ちょっとトイレ行ってくる。」

と言って、
一人でトイレに向かった。

トイレに行くと、
個室は全て満員。

水道の1つを占領して、
コンタクトを外し
水道水でゆすいでつけるのだが、
今度はなかなか目にはいらない。

イライラして格闘すること数分、
やっとこさ装着完了。

そうこうしてるうちに、
急にトイレに行きたくなってきた。

だが、個室から誰も出る気配がない。

ちょー、
早くトイレ行きたいんだけど。

とりあえず、
アピールの為に1つをノック。

返事はなかったけど、
下から影が見えるし、
なにやらドアの向こうで頑張ってる人の気配。

あんまり急がせるのも悪いと思い
大人しく並んでいた、
その時、

「大丈夫?遅いから見にきたで」

「あ、ごめ~ん。
なかなかトイレ空かなくて」

「あ、そうなん。
じゃ、いこか?」

「ちょっと、まだ終わってないって!
順番待ちしてるんだから」

「え?そこ空いてるんちゃうの?」

見ると個室は、
全てドアが開いてて
誰も入ってないのが一目瞭然。

もちろん、
入り口で話していた私たちの前を通らずに
誰も外には出れない。

勘違い?

いや、確かにノックをした。

中から鍵をかけないと
ノックはできない仕組みになっている。

それに、
確かにドアの向こうに人の気配を感じた。

間違いない。

帰宅して母にその話をしたところ、
その建物はプランタンというデパートで、
大阪では知らない人はいないほどの心霊スポットとのこと。

千日デパート火災の犠牲者の霊が
さまよっているという噂があるらしい。

「ところで、コンタクトは大丈夫なの?」

「うん、洗ったら大丈夫だったわ。
乾燥して周りが黒っぽくみえてたみたい。
ドライアイかも。」

「え?乾燥したら白っぽくみえない?」

よく考えてみれば、あのとき、
視界に違和感はあったが、
乾燥など眼球には違和感はなかった。

ということは、、、
コンタクトではなく、
あそこが黒い靄に覆われていたのか。

ちなみに、
プランタンはとっくに閉店し、
今は、ビックカメラにかわっている。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2020.03.24|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます