FC2ブログ

幼少の頃、九州のある県に引っ越した直後に見た夢の話。 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

幼少の頃、九州のある県に引っ越した直後に見た夢の話。

IMG_2089.jpg

幼少の頃、九州のある県に引っ越した直後に見た夢の話。

引っ越して、その県にある母の実家に住むことになった。

もう実家の主であった祖母は他界しており、
家はすごく汚かった。

家族三人(兄と母)で
その家の応接室に川の字になって夜寝ていたとき、
すごく変な夢を見た。

越してきたばかりであるこの家の応接室に夜、
爺さんが現れて変な儀式を始めるという夢だ。

「#######(変な呪文)オキヨよ出でよ!!」

と唱えると、変な日本人形が
出現して家を掃除してくれる。

今思い出してもわけが分からない夢だった。

昔見た夢なんか忘れてしまって当然だと思う。

でもこの夢だけはぼんやりと覚えていた。

高3の夏の時、越してきてもう十年も過ぎたある夜。

兄の友達が遊びに来て、
三人でゲームをしていた。

ゲームは応接室に置いてある。

で、ゲームもあらかたやって、
退屈しのぎにその友達が、
応接室にあるいろんなものを手にとったりして眺めていた。

何年も暮らしてきた俺たち兄弟は、
今までその部屋に置いてある物になんて
一度も興味を持ったことが無かった。

部屋を物色している友達を傍らに、
その時俺は兄と二人でゲームをしていた。

友達が言う。

「おい、この部屋に置いてある日本人形には、
全部名前が付いてあるぞ」

と。

ゲームに夢中であんまり聞いてなかった。

「え、確かに三体置いてあるけど、
まさか名前が付いてたなんてねえ・・」

って、兄が答えた。

「ああ。ほら、御雪、御菊、御清って」

そのときあの夢を思い出した。

御清ってあのオキヨ?

何でかは分からないけど、背筋が凍った。

その時はもうゲームどころじゃなかった。

あの夢は、一体なんだったんだろう・・・・。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2020.04.05|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます