FC2ブログ

友人の祖父の家は能登の方のけっこう立派な農家だそうで、 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

友人の祖父の家は能登の方のけっこう立派な農家だそうで、

IMG_1378.jpg

友人の祖父の家は能登の方のけっこう立派な農家だそうで、
毎年お盆時期には家族総出で里帰りするのだとか。

その家の奥の仏間には立派な透かし彫りの欄間があり、
友人とそのお兄さんはよくおじいさんから、

「この続きの間から欄間を通して仏間を覗くと、
不思議なものが見えると言われている」

と聞いていたそうです。

そこである日、友人とお兄さんが他の家族が不在の際、
三脚を持ちだしてそれを決行しようとしました。

まずはお兄さんの番、ということで脚立を上り、
欄間の彫刻の間から隣の仏間を覗いたお兄さんは、
――5秒ほど無言で覗いた後、静かに脚立を降り、
それを畳んでしまった。

不思議に思った友人が何度聞いても無言のまま。

結局、友人は覗かせてもらえいないまま、
お兄さんも一言も何を見たかを話さないまま、
その夏の里帰りは終ってしまったそうです。

後日、家に帰って来てからそのお兄さんが言うには、

「長い白髪を垂らした老婆が、背を向けて座っていた」

のが見えたそうな。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2020.04.13|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます