FC2ブログ

会社帰りに夜道を歩いていると、 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

会社帰りに夜道を歩いていると、

IMG_1273.jpg

会社帰りに夜道を歩いていると、
後ろから男に声をかけられた。



「あのー」



「なんですか?」



「わたくし、こういう者です」



そう言って男が名刺を手渡してきた。



そこには「4×2=3」とだけ。



他には何も書かれていない。



しばらくしてから俺はふと気付いて、
その場から逃げ出した。





【解説】



















名刺に書かれていた

『4×2=3』



「死神」

という意味。



つまり名刺を渡してきた男は

「死神」だった。





お茶目な死神…と言いたいところだが、

この名刺を渡された後に殺されたのでは

たまったものではない…



死神から逃げられるのかどうかはわからないが、

危険を感じたら本能的に逃げてしまうものだろう。



ただ、実際にこんなことがあったら

「死神」なんて思わずに

「痛い人だ!」と思って逃げ出しそうである…

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2020.04.13|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます