FC2ブログ

『11時頃着くね。』 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

『11時頃着くね。』

IMG_2122.jpg

『11時頃着くね。』



彼女からメールがあった。



徹夜明けだけどやっぱり彼女には会いたい。



しばらくするとインターホンが鳴り彼女が到着した。



11時10分前。



TSUTAYAの袋を持っている。



DVDを一緒に見るつもりらしい。



見始めて30分ぐらい経った頃
徹夜が祟って俺はいつの間にか眠りに落ちていた。



彼女がほほを撫でる感触で目が覚めた。



あのまま夜まで寝てしまったようだ。



部屋は真っ暗だ。



無視して寝ようとすると
バサッバサッと髪の毛を顔に当ててくる。



よほど相手をしてほしいらしい。



しかしまだ寝たりない俺は
心の中で謝りつつ再び眠りに落ちた。



次に目を覚ました時には
彼女のいたずらは終わっていた。



諦めて寝たのか?



時計を見ると夜の12時。



電気をつけてふとテーブルを見ると
晩御飯と置き手紙があった。



『私16時から居酒屋のバイトがあるから起こさず帰るね。
今日は通しだから終わるの5時くらいになると思う。
起きてたら連絡ちょうだい。
DVD一緒に見たかったのになぁ。』



悪いことしたな。



俺は5時までの5時間埋め合わせの方法を考えることにした。



幸いたくさん寝たおかげで頭は冴えていた。





【解説】



















彼女がいたのは

11時10分前から

16時前まで。



冬でもまだそこまで暗い時間ではない。



しかし、

『バサッバサッと髪の毛を顔に当ててくる』

と言っているのは

『彼女がほほを撫でる感触で目が覚めた。
あのまま夜まで寝てしまったようだ。
部屋は真っ暗だ』

とあるように真っ暗な時である。



一体だれが髪の毛を当ててきたのだろうか…?





…この髪の毛を当ててくる人の想像をしてしまった。



髪が長く、立ちながら

必死な顔で顔に髪の毛を当てている姿を想像したら

なんとも言えない気分になってしまった…





それにしても語り手は

5時間も埋め合わせの方法を考えようと思っていたのか…



…実際は思っただけで

10分で考え終わったのかもしれないが、

実際に5時間もかけて埋め合わせの方法を考えたのであれば、

その内容が気になるところである。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2020.04.06|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます