FC2ブログ

3才から20才くらいまで住んでた市営団地の話。 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

3才から20才くらいまで住んでた市営団地の話。

IMG_1301.jpg

3才から20才くらいまで住んでた市営団地の話。

4階建て団地の最上階に住んでたんやけど
各階、左右に部屋があって、
自宅は左側、右側の部屋はずっと空いてた。

小6くらいの時に、
最上階だけ左右の部屋を繋げて
間取りを広くする工事があった。

間取りが2倍になるんで

「自分の部屋が手に入る!」

と、妹とはしゃいでた。

で、リビングと台所と自分の部屋は左側(元々住んでた方)
両親の部屋、妹の部屋、トイレとお風呂は右側(増築分)
って感じで部屋割りが決まったんやけど、
どうも増築した側がおかしかった。

明らかに寒い…
というか空気が違う感じ。

まぁ増築側の部屋は畳やし水場もあるし
気のせいやろと思ってたんやけど
変な現象が次々と…

妹がベットで寝てたら
ベットがガタガタと揺れたり
誰も住んでないはずの隣の部屋から
話し声が聞こえたり(妹の部屋)
この時は妹がほぼ不登校な感じだったので、
精神的な問題かなぁと思ってたんやけども…

そのうち自分も金縛りにあったり、
ベランダ(増築側)のガラスに謎の顔(仏像的な)をみたり…

特に害は無いんやけども、
一番嫌やったのは謎のハイヒール。

夜中の2時とか3時に、
階段を上がってくるハイヒールの音が聞こえるんやけど
4階まで上がってきて音が途切れる…

降りる音は聞こえない…

これがほぼ毎日。

これは気持ち悪かった…

おかんが水商売やってたし、
おとんはよく飲みにいってたし
そういう関係の幽霊を連れてきてたんかな…?

まぁ一番洒落にならんのは
なんやかんやで両親離婚&家出、
妹は家出して妻子持ちと不倫、結婚

一人取り残された俺は
バイトクビからの電気ガス水道停止、食料無し…

まぁ、いまでは皆幸せに暮らしてますけどね。

たまに団地の前を通るのですが
10年近くたった今でも、
誰も入居してません…

やっぱり何かあるんですかね?

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2020.04.14|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます