FC2ブログ

山は身近な異界と言うけれど、 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

山は身近な異界と言うけれど、

IMG_3503.jpg

山は身近な異界と言うけれど、
確かに山登りをしていると、
たまに妙な出来事に遭遇する。

「こんにちはー」

向こうからやってきた男性は朗らかに挨拶し、
笑顔で会釈してきた。

こちらもぺこりと頭を下げる。

「この先に行かれるんですか?」

「の、予定です」

「そうですか。この先には『扇岩』ってのがあって、
それを目印にして左に曲がるんですが、
その手前によく似た『偽扇岩』っていうのがあるので、
間違えないよう気をつけてください」

『偽扇岩』を目印にして左に曲がると遭難してしまいますよ、
と男性はちょっと脅かすように声をひそめた。

「ありがとうございます。気をつけます」

そう返して互いに会釈し、男性と別れる。

数歩進んだところで違和感を覚えて
ふと後ろを振り返ったが、
既に男性の姿は見えなかった。

数年経って、また同じ山に挑戦した。

頂上から見た景色の雄大さをまた見たいと思ったからだ。

同じルートを通って、山を登る。

すると以前男性と出会った所で、
また同じ男性と遭遇した。

その時、以前感じた違和感の理由を理解した。

その男性は、いかにも冬山登山といった姿をしていたのだ。

自分が登るのは夏山ばかりなので、
そこに違和感を覚えたのだ。

「こんにちは」

朗らかに挨拶され、ぺこりと会釈される。

「……こんにちは」

「この先に行かれるんですか?」

「……の、予定です」

「そうですか。この先には『扇岩』ってのがあって、
それを目印にして左に曲がるんですが、
その手前によく似た『偽扇岩』っていうのがあるので、
間違えないよう気をつけてください」

ああ、と思った。

この男性はきっと、
間違えて『偽扇岩』で曲がってしまい、
遭難したのだろう。

そして後続の者が間違えないように、
警告してくれているのだろう。

そう思うと切なかった。

「あ……りがとう、ございます……気をつけます……」

「いえいえ。では頑張ってくださいね」

互いに会釈し、すれ違う。

すぐに振り返ってみたが、
男性の姿は既になかった。

あれから更に数年が経ったが、
男性は今でもきっと、
登山者に注意を促しているのだろう。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2020.05.03|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます