FC2ブログ

小さい頃住んでいた小さなで漁村で、 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

小さい頃住んでいた小さなで漁村で、

IMG_1928.jpg

小さい頃住んでいた小さなで漁村で、
海難事故があった。

転覆した船に乗っていた仲間を探すために、
みんな漁を止めて沖へ探しに行ってた。

結局、見つからず夜…

奇跡の生還をに望みをかけて、
小さな漁港の小さな堤防で、
目印の火を朝まで焚くことになった。

堤防に集まっていた人たちも翌朝の捜索があるので、
数人を残して家に帰りだして、
俺も親父に手を引かれて帰ろうとした時…

遭難した人のばぁちゃんが

「…きた」

って。

みんな驚いて振り返ると、
堤防の先端にピチャ、ピチャ…という水の音。

その音が焚き火にだんだん近づいてきたとき、
ばぁちゃんが

「寒かったべ、火にあだれ」

って。

みんな凍りついた顔して黙ってた。

俺には何も見えなかったし、
周りの大人にも何も見えてなかった。

でも、誰かがたしかに居るのはみんな解ってた。

「明日、みっけでやっから、心配すねぐでいい」

ってばぁちゃんが言った時、
なんとなく空気が変わり気配が無くなった。

翌朝、その人は岸よりのところで、

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます