FC2ブログ

うちの実家のほうにあった、 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

うちの実家のほうにあった、

IMG_1589.jpg

うちの実家のほうにあった、
名もない低い山の話。

幼稚園、小学校の裏手にあるその山は「裏山」って呼ばれていて、
山頂に児童公園が作られてた。

昼休みなんかに、
こぞって小学生が遊びにいくような場所。

でも、この山、山頂に続く道の途中に、
戦争の慰霊碑、小学校とちょっと離れたところにお寺、
そしてまたちょっと離れたところに
神社(しかも時々自殺する方がいる)があるという、
ちょっと怖そうな場所。

その山での出来事。

・犬の散歩をするために、
夕方(夏の6時ぐらい?)に俺がその山を上っていたら、
慰霊碑の近くの斜面(道はなく、人が上れないところ)に、
真っ青な炎が見えた。

数秒して消えたけれど、

「あ、やべぇ」

って思って速攻引き換えした。

いつも散歩してると
『もっと歩く』って感じで帰るのを拒否する犬も、
この時はふもとまっしぐら。

・同じく犬の散歩をするために、
おかんと兄貴が山を登っていた(やっぱ6時ぐらい?)。

すると、またその慰霊碑の近くに来た時、
突然、自分達の目の前約10Mほど先に、
白い人の形をした煙が出現。

勿論、焚き火の季節じゃないし、他に人もいない。

2人と1匹、やっぱりふもとまっしぐら。

・中学の時、
『見ちゃう』友達、
『すごく感じる』友達、
『けっこう感じる』友達、
『雰囲気を感じる』友達、
『全然感じない』友達、
総勢10人程で肝試しをかねて花火をすることになり、山頂へ。

すると、空気が違うんだ。

生暖かい+ねばーーーっとした空気。

んで、山の斜面のほうからはとてつもなく冷たい空気。

とりあえず花火をしよう!
と蝋燭やらバケツを準備したものの、花火がつかない。

今日の昼に買ってきた花火ゼンブ火がつかない。

そうこうするうちに一番『見ちゃう』友達が、
バケツの水をばしゃーーっと零して、
広げてた花火をひっつかむと、

「走らず、降りるぞ」

と一言。

俺自身、見るってことは(上記の青い火以外)ないけど、
今まで斜面から感じていた冷たい空気が、
山頂全体に満ち満ちてることに気付いて、
一瞬で総毛だった。

みんな一目散に山を降り、
結局小学校で花火を再開したんだが、
今度はばっちり火がつくんだよ。

やっぱり、そういう場所ってのは
何かしらあるんだってことを強く認識してからは、

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます