FC2ブログ

今日はとても疲れた。 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

今日はとても疲れた。

IMG_1277.jpg

今日はとても疲れた。



体調も悪いようだ。



頭痛が酷く、
めまいや吐き気までする。



早く帰ってベッドで寝たい。



電車に乗れば座れると思ったが、
ついてないことに空きがなかった。



仕方なく壁にもたれかかりながら
駅に到着するのを待つ。



立っているのも辛い。



早く帰りたい。



途中の駅で、電車が動かなくなった。



どうしたというのだ。



早く帰らせてくれ。



車内アナウンスが流れる。



どうやら重病人が乗っているらしい。



吐血もして、今にも死にそうなようだ。



医者がいないかどうかとも言っている。



全くもってついていない。



重病なのに電車なんか乗らないで欲しい。



俺は酷く疲れているんだ。



早く帰りたいのに。



駅員が数人、車両に入ってきた。



どうやら重病人はこの車両にいるようだ。



全く、迷惑かけやがって。どこのどいつだ?





【解説】



















重病人は語り手自身。



語り手は吐血にも気づいていないくらいだから相当やばい状態。



体が壊れるまで働かさせる会社ということか…





「3回胃潰瘍になったら一人前」

と言っていた会社もあったなぁ…



どうにか体を壊さない範囲で働いてほしいものである。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2020.05.12|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます