FC2ブログ

さあ、夕食の時間だ - 超怖い話 実話

ピックアップ!

さあ、夕食の時間だ

IMG_1865.jpg

さあ、夕食の時間だ



パカ、グチョ



「かはあ、ああ」



今日は最上級のフォアグラだ。



濃厚なねっとりしたソースが絡まっている



さっそく、ナイフを入れた



「おヴあああ」



そっとフォアグラを口に運ぶ。



とろけそうだ。



「ボ、ぼくも、タべたいぃナ」



よし、いいとも



「お、おいしぃい・・」



どうやら口にあったみたいだ



その後も彼とおしゃべりしながら料理を口に運んでいたら、
彼の口数がだんだん減り最後には黙り込んでしまった



「・・・ありがとう、君の料理はおいしかったよ」





【解説】



















『彼の口数がだんだん減り最後には黙り込んでしまった。』

『・・・ありがとう、君の料理はおいしかったよ』

は、「彼=君」であり、

『君の料理』とは「彼が作った料理」ではなく、

「彼を材料として作った料理」のこと。



つまり、生きたまま彼の肝臓(フォアグラ)を食べている。





『パカ、グチョ

「かはあ、ああ」』



『さっそく、ナイフを入れた

「おヴあああ」』



というやり取りから、

そもそも料理としてではなく、

彼の肝臓が彼についたまま食べているんだろうなぁ…



想像しただけで気持ち悪くなってしまって、

正直食欲が失せてしまった…

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます