FC2ブログ

死の床にいるある浪人のもとに菩薩が降り立った。 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

死の床にいるある浪人のもとに菩薩が降り立った。

IMG_1919.jpg

死の床にいるある浪人のもとに菩薩が降り立った。



浪人「ああ、粛正といって多くの仲間を殺した拙者は地獄いきだろう」



菩薩「いいえ、あなたは閻魔様のお計らいにより極楽へ行けますよ。」



浪人「そうでござるかそれは安心した。」



そう言って浪人は息を引き取った。



その後極楽に召された浪人は大きな声で言った。



「(#)Д`;;)ここはなんて酷い地獄なんだ!
働かなくても食えるじゃないか!」





【解説】



















浪人は

『粛正といって多くの仲間を殺した』

と言っているので、

人を殺すことが仕事だった。



そんな浪人が極楽へ行って

『働かなくても食えるじゃないか!』

と嘆いていることから、

人を殺せないことは地獄と同じことのように感じるくらい

浪人はすでに殺人が快感になってしまっていた。





地獄よりも極楽の方が浪人にとっては地獄だから

極楽を指定したのだろうか…



だとしたら、その選択は素晴らしいと言ってしまいそうだ。



ただ、地獄に行ったところで

殺人ができるかというとできないのでは?

と思うところではあるが…。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます