FC2ブログ

私の祖母が子供だった頃、住んでいた村は、 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

私の祖母が子供だった頃、住んでいた村は、

IMG_1989.jpg

私の祖母が子供だった頃、住んでいた村は、
比較的大きな川の近くにありました。(北海道です)

当時は河川改修などほとんどされておらず、
大雨が降ったりすると危険な存在だったそうです。
(いまもそうですが)

上流で雨が降ると泥で濁った水が流れてくるのですが、
たまに、動物(エゾシカなど)の死体が流れ下ってくることがあったそうです。

たまに人間の死体が流れてくることがありました。

周りの樹木の破片などといっしょに流れてくるので、
かなり傷んでいる死体がほとんどだったと語っていました。

しかし、ある時(夏だったと言っていたと記憶しています)、
おかしな死体が流れてきました。

どう見ても人間なのですが、
硬い鎧のようなものを上下に着ていて、
大きな口には太く尖った歯が並んでいたと。

不思議なのは、
その死体には目も鼻も耳もなかったそうです。

べつに傷んで脱落したのではなく、
孔もなく、まったくないつるんとした状態だったそうです。

当時は、警察の取り調べもあまり厳密ではなく、
身元もわからないので、
地元の寺の墓地に埋葬したそうです。

当時は土葬だったそうで、
あたらしく遺体を埋葬すると土饅頭ができて、
埋められた遺体が腐敗して体積を減じると、
その土まんじゅうが平らになるのですが、
その死体を埋めたところは、
いつまでたっても平らにならなかったとのこと。

鎧のようなものは死体から剥がせなかったので、
そのまま埋めたので、
それが原因ではないか?と寺の住職は語ったそうです。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2020.06.05|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます