FC2ブログ

昔は手漕ぎの船(帆付き)で沖に漕ぎだして漁を行っていました。 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

昔は手漕ぎの船(帆付き)で沖に漕ぎだして漁を行っていました。

IMG_0956.jpg

海の話です。

昔は手漕ぎの船(帆付き)で沖に漕ぎだして漁を行っていました。

その日もその漁民は沖に漕ぎだして漁をしていました。

波は低く穏やかな日でした。

彼は釣り糸の様子を見ていましたが、
突然視界を横切るものがあり驚きました。

それは、泳いでいる人。

男か女かわかりませんが、
人間が船の下をくぐって泳いで行ったのです。

そこは海岸からかなり離れた沖合なので、
人が泳いでくるのは珍しい、
というかありえない。

近くに他の船もいない。

唖然として見ていると、
さらに驚くことが。

船の前後をたくさんの人間が泳いでいきます。

みんな沖合に向かって同じ方向に泳いでいったそうです。

その時に見た『泳ぐ人』は、
20人以上はいたということです。

櫓で海面を叩いて気づかせようとしましたが、
漁師は怖くなりました。

この人数の人間が自分の船にかきついてきたら大変なことになる、
と考えたからです。

彼は船に座りこんで、
泳ぎ去る人間たちを見ないようにして、
また、彼らに見られないように祈りながら、
その場をやり過ごしました。

色の白い人たちだったそうです。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2020.06.10|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます