FC2ブログ

つい先日、 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

つい先日、

IMG_0277.jpg

つい先日、
お隣さんからペットにあげるためのエサを分けてもらった。



たぶん月に1、2回はウチに来ていたと思う。



そして何ヶ月かして、
外出している間にペットがいなくなっていた。



ドアは半開きで、
その日は鍵をかけていなかった。



念のため鍵をかけておいて、
すぐにお隣さんに相談したら、
探すのを手伝ってくれた。



しかし、
うちのペットが見つかることはなかった…。



お隣さんは、

「そんな落ち込まないで、お肉でも食べましょ。」

と言って、
玄関のドアの鍵を開けてくれた。



そして、
お隣さんが用意してくれたから揚げを食べて、
絶句した…。





【解説】



















『玄関のドアの鍵を開けてくれた』

どうしてお隣さんが語り手の家の鍵を持っているのか?



『たぶん月に1、2回はウチに来ていたと思う』

とあるため、

この間に家の鍵を盗んで合鍵を作っていたか?



そして、語り手が外出している間に

ペットを連れ出した。





『お隣さんが用意してくれたから揚げを食べて、絶句した…』

絶句したのは

唐揚げの肉がペットの肉だったから…?



って、食べただけでわかったら

それはそれでこの語り手は

今までにもペットを食べていたと言えるのでは…。



実際にこの唐揚げがペットの肉だったら、

『お隣さんからペットにあげるためのエサを分けてもらった』

という行動は、

ペットを美味しくいただくためのエサだったと考えるべきか…

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2020.06.11|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます