FC2ブログ

俺には姉がいる。 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

俺には姉がいる。

IMG_2318.jpg

俺には姉がいる。



姉ちゃんは足が悪く、
いつも左足を引きずって歩いている。



俺はいつもその姿を見て
申し訳ない気持ちでいっぱいになるんだ。



俺が小さい時に車に引かれそうになって、
それを姉ちゃんがかばってくれたんだ。



そのときに左足を怪我して、
麻痺の後遺症が残ってしまった。

…と母さん達から聞いた。



俺は幼かったので覚えていないのだ。



姉ちゃんには凄く感謝してるんだ。



だって命の恩人だから。



俺と姉ちゃんは今でも仲が良い。



「ふぅ、終った!ちょっと休憩。
…あー、俊太!人の所有物勝手にあさらないでよっ」



「いーじゃん、漫画借りるくらい。
今いいところだからもう少し待っててよ」



「もぅ、仕方ないなぁ。
大学のレポート書き終わったら読もうと思ってたのにー。
…じゃあ紅茶でも飲んで待ってようかな」



姉ちゃんはそう言って立ち上がろうとしたから、



「俺が持ってくるよ!
ちょうど何か飲みたいと思ってたから。
ちょっと待ってて」



と言って、
姉ちゃんの返事を聞く前に
俺は一階のリビングに降りた。



紅茶を持って部屋に入ると、
姉ちゃんの瞳には涙が浮かんでいた。



俺はびっくりして

「どうした!?足が痛いのか!?」

と聞いた。



「違う…。
私は…俊太がそうやって私の事を気遣ってくれてるのが嫌なの」



それは思い掛けない台詞(ことば)だった。



「え…?」



「左足の事、
申し訳ないと思ってるのかもしれないけど、
私はもう気にしてないから」



「でも、俺のせいで…」



「俊太のせいじゃないの!
だからそんな風に思わないで!
事故の事はもう忘れて?」



姉ちゃんは椅子から立ち上がりそう言った。



「分かった。
でも俺は、責任感とかそうゆーんじゃ無く、
姉ちゃんの役に立ちたかっただけなんだ。
ただ、姉ちゃんの笑顔を見ていたいだけなんだ」



「そんな事言ってもらえる資格は無いわ。
でも私は今は俊太が生きてて良かったと思ってるよ」



俺はようやく紅茶を置き、
姉ちゃんに近づきそのまま抱きしめた。



顔は見えなかったけど、
泣いているのは分かった。



姉ちゃんは俺に言った。



「ありがとう。…ゴメンね」





【解説】

















『でも私は今は俊太が生きてて良かったと思ってるよ』

ということは、昔は

「死んでほしい」

と思っていた。



『俺が小さい時に車に引かれそうになって、
それを姉ちゃんがかばってくれたんだ』

とあるが、

実際は弟である語り手を殺そうとして突き飛ばしたが、

弟をよけようとハンドルをきった車が姉のいる方へ突っ込んでしまった。



そのため、結果的に語り手が無事で

姉は事故により左足に麻痺の後遺症が残ってしまった。



姉は本来弟を殺そうとしていたにも関わらず、

その弟が自分を気遣ってくれることに罪悪感を感じている。





姉は罪悪感に押しつぶされそうになっているように思うが、

だからといって当時の事実を話したところで

良い方向には進まない。



語り手にとっては当時の事実を知らない方が幸せだろうから。



姉は罪悪感に一生悩まされながら生きていくことになるが、

それも一つの罪滅ぼしと言えるだろうか…

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2020.06.12|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます